インドネシア発・幻のコーヒー「コピ・ルアク」とは?

コピ・ルアク

コピ・ルアクというコーヒーをご存知でしょうか?

コピ・ルアク(またはルアック・コーヒーとも呼ばれる)とは、 ジャワ島・スマトラ島・バリ島・スラウェシ島など、インドネシアの広いエリアを主な産地とし、ジャコウネコという動物にコーヒーの豆を食べさせ、消化されずに糞として出てきたコーヒー豆です。

え、糞!?ウンチでしょ!?そんなの不味そう、と思うじゃないですか笑

私もはじめてコピ・ルアクを飲むまではそう思ってました。なんかちょっと抵抗あるなって。

でも、すごく美味しいんです。特に香りがめちゃくちゃ良いです。

ジャコウネコという動物が、コーヒー豆を餌として食べて、コーヒーの果肉は栄養として吸収されるんだそうですけど、私たちがコーヒーを淹れる時に使う豆の部分は、種にあたる部分なので、消化されずにそのまま糞と混じって出てくるんですね。

で、このジャコウネコの体の中を通って出てくることで、ジャコウネコの腸内細菌が作用してくれるおかげで、すごくいい香りになるんだそうです。

大丈夫です、糞として出てきた後は、きちんときれいに洗浄されて、よく乾燥させた後に焙煎するそうなので、全然汚くはありません。

むしろ、世界的に、インドネシアの「コピ・ルアク」と言えば、コーヒー好きの間では超有名で、幻のコーヒーとも言われています。超希少なので、めちゃくちゃ高いです。ちゃんとしたお店で飲もうとしたら、1杯数千円くらいする高級品なのです。

今回、ジャカルタの旅で、コピ・ルアクを飲みに行きたかったのですが、残念ながら時間切れで無理だったので、代わりにお土産として買って帰ることにしました。

ジャカルタのスカルノハッタ国際空港です。ここのDuty Free Shop(免税店)にたくさんコピ・ルアックが置かれています。

うわー、すごいいっぱいあります。

この辺、全部コピ・ルアックです。

どれを選んだらいいのか全然見当がつかないので、店員さんに聞いてみます。

店員さん曰く、コピ・ルアックは高価なので、100%コピ・ルアックだとすごく値が張ってしまうため、一部コピ・ルアック&その他のコーヒー豆をミックスしているというパターンのものも多く売られているそうです。

確かに、値段を見てみると、ミックスされているものは1000円くらいから買うことができますね。

その中で店員さんが薦めてきたのは、100%コピ・ルアックの「JJ Royal」というブランド。これが一番美味しいんだ、と。

100グラムで6000円くらいします・・・

さすが100%ピュアなルアックコーヒー、べらぼうに高いですね。

でも、せっかくの機会なんで、自分へのご褒美的に奮発して買ってみることにしました。

コピ・ルアク

これです!

こんな缶に入ってます。

なんかこんな紙も入っていたので、見てみると、

なんと、シリアル番号的な番号が!

すごいですね、コーヒーなのに。

その後、家で(毎日ではなくたまに)チビチビ飲んでますが、やはり美味い!芳醇な香りがたまらないコーヒーです。

関連記事:バリ島のお土産、何を買う?クリシュナなら24時間オープンで一気に買える!

この旅の記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください