はじめてのバンコクなら間違いないタイ料理レストラン「マンゴツリー」

はじめてのタイ、はじめてのバンコクなら、間違いないタイ料理レストラン

 

はじめてタイ・バンコクへ旅行や出張に来た場合、まずはタイ料理を堪能したいもの。

 

しかも、ちょっと創作アレンジされたタイ料理や、あまり知られていない隠れ家的レストランもいいですが、はじめてのバンコクだったら、やはり王道のタイ料理レストランに行って、王道のタイ料理をまずは食べてみたいと思いませんか?

 

そんな方にうってつけなのが、この「マンゴツリー」というレストランです。

 

場所は、バンコクの有名な繁華街の1つであるシーロム地区。シーロム通りとスリウォン通りという2つの並行して走る大通りから、小さな路地を中に進んで行ったところにある、一軒家レストランです。

 

このマンゴツリーというレストラン、実は、東京駅の目の前の「丸ビル」をはじめ、日本国内にも多くの店舗を展開する有名なタイ料理レストランで、日本の店舗だとそこそこの値段がします。でも、ここバンコクの本店なら、よりリーズナブルな価格で、本格タイ料理を楽しめます。日本でマンゴツリーに行ったことない人ならもちろん、行ったことある人でも本場で食べる本格タイ料理は全く気分が異なると思います。

 

 

 

一軒家レストランの店内はシックでおしゃれ。

 

シーロム通りやスリウォン通りは車や人も多く、すごく騒がしいですが、路地裏のここは本当に静か。

 

店内はすごく落ち着いた雰囲気で、シックで洗練された空間になっています。アンティーク調の家具に、窓はカラフルなステンドグラス。ランチの時間に行くと、それほど混んではいないので、ゆったりとした気分を味わえます。

 

 

 

気持ちのいい天気の日には、テラス席もいい。

 

テラス席は、白を基調とした、これまた落ち着いて洗練された感じの空間。晴れて気持ちのいい日には、外のテラス席でソファに座って、ビールでも飲みながらゆっくりタイ料理を楽しむのも最高です。

 

 

 

では、いざ本場タイ料理にトライ!

 

今回私はおひとりさまだったので、あまり多くの量は食べられないので、2品に絞りました。1つは、タイの屋台料理の定番「ガパオ」。もう1つは、やはり、これまたタイ料理の定番「グリーンカレー」です。

 

注文して、待っている間は、タイの「シンハビール」でひとり乾杯。

ビールを頼むとサービスでついてくるチップスも、ちょっとこじゃれた感じで気分があがってきます。

 

 

さあ、運ばれてきました、ガパオ!

 

 

ガパオ(もしくはガパオライス)というのは、タイの定番料理のひとつで、挽肉とバジルをナンプラー(タイの醤油)とオイスターソースで炒めたものです。これをご飯の上に乗せて食べます。ちょっとピリ辛で、ご飯がどんどん進んじゃいます。屋台とかだと、この上に目玉焼きを乗せて食べる食べ方が主流です。屋台のガパオと違って、ここマンゴツリーのガパオは肉汁が半端ないです。

 

こういう感じで、ご飯と一緒に食べます。辛くてご飯だけじゃなく、ビールも進んじゃいます笑。

 

 

その後、グリーンカレーも登場!!

 

 

ご存知の方も多いかと思いますが、タイカレーの特徴は、ココナッツミルクが使われているので、すごくミルキーで甘いです。甘いけど、辛い。辛いだけじゃないから、どんどん進んじゃいます。

 

このグリーンカレーも、ご飯にかけちゃいます。

 

 

グリーンカレーとガパオとご飯を混ぜながら食べれば、もうこれは最高。ついつい食べ過ぎてしまいます。

 

今回私はおひとりさまだったため、これしか頼みませんでしたが、このマンゴツリー、メニューはすごく豊富です。もちろん、トムヤンクン(タイのスープ)やパッタイ(タイの焼きそば)など、代表的なタイ料理は全て揃っています。おひとりでも、大勢でも、その場に応じて本格・本場タイ料理をゆっくり味わえちゃいます。

 

私は、実は、出張や旅行もあわせると、かれこれ30~40回はタイに来ているのですが、毎回ではないですが、このマンゴツリーはやっぱり定期的に訪れたいレストランです。

 

シーロム地区といえば、パッポン通りやタニヤ通りといった、ナイトスポットがある賑やかなエリアとして有名ですが、マンゴツリーの通りはほんとうに静かです。なんなら、食後に、パッポン通りやタニヤ通りもチラッと見て、一杯飲んで帰るのも面白いと思います。

 

はじめてのタイ・バンコク、王道タイ料理はこの「マンゴツリー」で決まりですね!

 

その他のタイ料理もチェックしてみてください。

関連記事:ソンブーン(プ―パッポンカリー)

関連記事:コカレストラン(タイスキ)

゜:★タイのオプショナルツアー予約VELTRA★

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください