バングラデシュ産デニムって知ってる?@Yellow Cafe

ダッカの街でちょっと休憩するのにオススメなカフェ

 

はじめてのバングラデシュ・ダッカへの出張。訪問先の会社のオフィスで一通り打合せを終えた後は、車で街の案内をしていただきました。車だけじゃなんなので、ちょっと途中で歩いてみたりも。大して何もしていないのに、やたらと疲れるんですよね。やはりはじめての土地であることと、テロとかの心配もあって気が張っているからなんでしょうね。

 

関連記事:バングラデシュ・ダッカの街並み

 

そんな時にちょっと休憩するのにぴったりなカフェが、この「Yellow Cafe」です。入口はそんなに目立たないのですが、中に入ってみると意外にもすごく洗練されていてびっくりしました。

 

 

 

 

ダッカだとなかなか出会えないレベルのオシャレな店内で、ちょっとほっとします。内装もオシャレですが、外のアウトサイドテラス席もすごく気持ちよさそう。

 

 

 

バングラデシュ産のデニム

 

実はこの「Yellow Cafe」は、「Yellow」というバングラデシュのファッションブランドがやっているカフェなんだそうです。カフェの横に店舗もありましたので、のぞいてみることにしました。

 

この「Yellow」というブランドは、バングラデシュではメンズ・ウィメンズともに人気のブランドで、トップスからボトムスまで様々な商品ラインナップが揃っています。また、地元バングラデシュのエスニックなファッションも売られています。2004年にオープンしたブランドで、2018年現在、バングラデシュとパキスタンに合計19店舗を展開しており、オンラインショップもあります。

 

聞くところによると、この「Yellow」はデニムがオススメだとのこと。バングラデシュ版ディーゼルといったところでしょうかw。私はデニムが大好きなので、いくつか試着してみました。面白さ半分で試着してみただけだったのに、かなりはき心地もよく、パターンもしっかりテーパードしていて、1つ気に入ったものを買うことにしました。デニムを折り返した時の縫い目、セルビッジが緑色になっていて、珍しいし、なんだかバングラデシュっぽくていい感じです。

 

 

 

ここバングラデシュで、思わぬ出会いがあってなんだか嬉しくなりました。以来、このデニムは私のお気に入りデニムの仲間入りをし、よくはいています。このデニムをはくたびに、バングラデシュのことを思い出したりしています。有名なブランドや高級なブランドで服を買うのもそれはそれでいいですが、こういう旅先で出会った思い出がある服っていうのも何だかいいものだな、と感じています。

 

バングラデシュ・ダッカへご出張がある際は、この「Yellow」と「Yellow Cafe」に是非立ち寄ってみてください。

 

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください