ワルンミナ – バリ島ウブドの気持ちいいガゼボで食べるミークア

バリ島は海ではなくウブドがオススメ

 

インドネシア・バリ島。リゾート地として大人気ですね。行ったことある方も多いと思います。バリ島と言えば、ヌサドゥアやクタに代表されるようなビーチリゾートを想像される方が多いと思いますが、私のオススメは断然「ウブド」です。

 

ウブドは、バリ島の内陸地。デンパサール空港から北へ車で1時間ほど行ったところにあります。ビーチではありませんが、大自然やバリの伝統文化などが味わえる非常に魅力的なエリアです。作られたビーチリゾートもそれはそれでいいのですが、バリ島でなくてもいいビーチリゾートはたくさんありますからね。その点ウブドは、ウブドだけでしか見れない景色や、ウブドでしかできない体験がたくさんあります。

 

ウブドで絶対にオススメのカフェ「ワルンミナ」

 

私がウブドに行くたびに毎回必ず訪れるお店が「ワルンミナ」です。「ワルン」はインドネシア語で「食堂」を意味します。なぜここが好きなのかと言いますと、インドネシア風のガゼボ(日本で言うところの「あずまや」)で食事ができるからです。

 

 

 

靴を脱いで畳の座敷にあがります。風が抜けてすごく気持ちいいんです~。丘の上にあるカフェなので、ちょっと下にあるガゼボを見下ろしたり、上にあるガゼボを見上げたりしながら、すごくゆっくりとした気分で食事ができます。

 

隣のガゼボとは離れているので、プライベート感がかなりあります。大体いつでもそんなに混んでいませんし、日本人はまず見かけたことがありません。隠れ家的ですごくお気に入りです。

 

ミークアとは?

 

インドネシア語で「ミー」は「麺」、「クア」は「汁」を意味します。なので、「ミークア」は「汁麺」ですね。シンプルな野菜麺といった感じです。でもこれがとびきり美味しいんです!!日本人の味覚に完璧に合う麺料理なんです!!

 

 

「アヤム」というのはインドネシア語で鶏肉のことですが、よくこのミークアにアヤムが乗ってくることもあります。これも言うまでもなく最高~。

 

ミークアはインドネシアでは超代表的な麺料理なので、お店によっていろいろと味が異なります。塩ラーメンっぽい味だったり、醤油ラーメンっぽい味だったり。なので、私はどのお店に入っても、とりあえずミークアを頼んで食べ比べていますw

 

もちろん、ビンタンビールも一緒に。インドネシアの最も代表的なビールがこのビンタンビールです。そして、鶏肉のサテなんかを頼めばビンタンビールとの相性もぴったりでもう最高です。サテというのは、串焼きのことで、日本で言うところの焼き鳥ですね。ピーナッツソースをつけて食べることが多いのですが、超美味しいんです。

 

 

そして、これはインドネシアの代表的料理「ナシゴレン」!「ナシ」は「ご飯」という意味で、「ゴレン」は「炒める」という意味です。つまり、チャーハンみたいなことですね。

 

 

そしてこれは「ミーゴレン」。「ミー」はそう、「ミークア」と同じで「麺」という意味です。「ゴレン」は「炒める」なので、焼きそばといった感じですね。

 

 

その他、野菜の炒め物や、魚の姿揚げなど、いろいろ頼みすぎちゃいました。どれも美味しい!!

 

 

 

みなさんもバリ島に行かれる際は、ビーチリゾートだけじゃなく、ウブドを訪れてみることをオススメします。ウブドに関しては、他の情報もまた改めてアップしますね。

 

関連記事:サンティマンダラ – プライベート感溢れるウブドのコテージホテル

関連記事:ベジアユ アウトドアスパ – ウブドの自然と一体になる

゜:★バリ島のオプショナルツアー予約VELTRA★

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください