シンガポールのチリクラブ名店「No Signboard Seafood」

シンガポールのローカルフード代表「チリクラブ」!

 

シンガポールと言えば、実にたくさんの有名なローカルフードがあります。今回久々にシンガポールに遊びに行ってきたので、はじめての方でも安心な、代表的な料理と間違いないレストランをご紹介します!

 

まずは、数ある有名ローカルフードの中でも外せないのが「チリクラブ」です。その名の通り、蟹をチリソースで炒めたものです。チリソースと言っても、それほど辛くはなく、むしろ甘辛いという表現が近いかも知れません。口の中に入れると蟹の旨味とチリソースの複雑な味が混ざり合って、止まらなくなります。1つだけ難点なのは、食べるのにものすごい手が汚れること。なので、どこのお店にもフィンガーボールがきちんと用意されています。でも、そんなこと気にしない。ガンガンむしゃぶりつくのがチリクラブの美味しい食べ方なんです。

 

名店「No Signboard Seafood」

 

 

はじめてのシンガポール出張・シンガポール旅行でチリクラブを食べるなら、ロケーション的に考えて、この「No Signboard Seafood(無招牌海鮮」のEsplanade店がオススメです。なぜなら、マーライオンやマリーナベイサンズから徒歩圏内で、お店からの眺望も良いからなんです。

 

 

今回私は、シンガポールに初めて来る友人と現地で待ち合わせをしていたので、まずはド定番のマーライオン前で待ち合わせをし、一通り記念撮影などをして、そのまま歩いてレストランまで行きました。歩いて5分~10分くらいです。ちょうど湾沿いの道なので、最高に気持ちいい散歩です。

 

 

お店の外観はこんな感じ。Esplanadeというモールの1階(Ground Floor)にあります。目の前が湾で、ジョギングしてる人や、ローラーブレードとかをしてる人がたくさんいます。なんか、シンガポールってここだけ見るとアメリカ西海岸っぽさもあります。

 

 

メニュー写真撮るの忘れてしまいましたが、蟹の種類はたくさんあります。でも、全てそこそこ高いです。今回私たち(全部で4人)がオーダーしたのは、一番安いカナダ産の蟹。一番安いといっても125シンガポールドルくらいだったので、約1万円ですね。店員さんからは「4人でシェアするのにはちょっと少ないから」ともっと大きいものを薦められましたが、他の料理も頼んだので、結果ちょうどよかったです。

 

 

で、こんな揚げパンをつけて食べます。蟹自体もかなり身が詰まっていてすごく美味しいのですが、やはりチリソースの部分が最高なんですよね。なので、こういったパンとかに付けて食べると美味しいんです。

 

 

そして海鮮チャーハン!チャーハンにチリクラブのソースをかけてもよく合います!!

 

タイの有名料理で「プ―パッポンカレー」という蟹の卵炒めがありますが、味こそ違えど、なんか感覚的には似てますね。チキンライスとカオマンガイも似てますが、このチリクラブとプ―パッポンカレーも似てます。こういうの、歴史をたどっていくことができたら面白いんだけどな~。

 

関連記事:ソンブーン(プ―パッポンカリー)

 

 

 

そして、酢豚が無性に食べたくなってオーダーしたのと、あんかけ海鮮麺もオーダー!もう最高です。

 

チリクラブは有名店ならどこのお店もそこそこ値が張りますが、ランチで行けばそんなにお金かからないのでオススメです。この「No Signboard Seafood」はチリクラブも美味しいですが、全般的にシーフードが美味しいですし、中華料理としても美味しいです。

 

お店を出たら、今度はマリーナベイサンズまで散歩。これも10分くらいです。このあとは、マリーナベイサンズのルーフトップバーに行ってきます。

 

次の記事:マリーナベイサンズのルーフトップバー「セラヴィ」

 

関連記事:

シンガポールに来たら絶対に食べたい「ペーパーチキン」

シンガポールの最高B級グルメ「バクテー」

シンガポールの朝食はカヤトーストを食べるべし!

シンガポールの繁華街オーチャードのど真ん中で便利なホテル「マリオットオーチャード」

゜:★シンガポールのオプショナルツアー予約VELTRA★

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください