はじめてのスリランカ出張/アライバルビザで入国

はじめてスリランカに出張で行ってきました。

スリランカで一番の大都市、コロンボです。

 

スリランカと言えば、別名セイロン島とも呼ばれていて、「インドの涙」「インド洋の真珠」という愛称もあったりします。

セイロン島と言えば、「セイロンティー」ですよね~。

私は紅茶や中国茶など問わず、お茶には目がないので、セイロンティーがすごく楽しみです。

 

コロンボ空港のアライバルビザ

 

スリランカにはアライバルビザ(到着ビザ)で入国することができます。

事前にWEBで申請したりする方法もあるみたいですが、面倒なので私は今回アライバルビザで入国しました。

非常にスムーズ!

 

 

まず、コロンボ空港に到着したら、イミグレーション方面(Arrival方面)に歩いていきます。

 

 

すると、正面にこのような大仏が見えてきます。

 

 

この大仏の前で、記念撮影する人や、拝んでいたりする人もいます。

 

スリランカは仏教なんですね。

インドに近いのでヒンドゥー教だと勘違いされる方もいるのですが、スリランカは仏教なんです。

国民の7割が仏教徒なんだそう。

でも、大仏の色や表情が、日本の大仏とはちょっと違いますね。面白い。

 

 

で、この大仏のまさに真裏にアライバルビザのカウンターがあります。

「VISA ON ARRIVAL」と書かれていますので、ここに並びます。

 

ビザの費用は40ドル(アメリカドル)です。

アメリカドルを持ってなくても、クレジットカードでも支払い可能ですので大丈夫です。

 

支払いを終えると、領収書をもらえます。

 

 

その領収書を持って、イミグレーションに並び、パスポートと記入した入国カードと領収書を渡します。

これで入国完了です。

はじめてだったけど、思った以上にあっさり通貨できました。

 

同じアライバルビザでも、インドネシアのジャカルタとか、バングラデシュのダッカとかでは、時間帯によっては結構並んだりするのですが、コロンボでは順調でした。運が良かったのかな。

私、昔、ジャカルタの入国で2時間近くかかったことあります笑

 

関連記事:バングラデシュのアライバルビザ

 

 

バゲージクレームで預け荷物を受け取ったら、空港の外へ。

うーん、空港は正直ちょっとしょぼいですね笑

 

 

 

事前に予約していたホテルの送迎に乗り、ホテルに向かいます。

 

 

送迎車の中にも大仏が!

信心深いんですね。

写真は撮れませんでしたが、街中にも至るところに同じように座った大仏がいました。

どの大仏もなぜかキラキラとネオンで光ってるんです。

日本のお寺にある大仏とはだいぶ趣が違ってほんと面白いです。

 

仏教も、このスリランカの仏教や、チベット仏教や、日本の仏教など、違いをいろいろと研究したら面白いかも知れませんね。

 

ちなみに、コロンボの街は、すごくきれいです。

インドと比べたら、道もしっかりしてるし、街並みがきれいでびっくりしました。

 

関連記事:

スリランカのシーフードは安くて新鮮!!地ビールと地元酒アラックも堪能

スリランカのお土産:本場セイロンティーとスパセイロンのラグジュアリーアーユルヴェーダ、そしてスリランカの伝統酒アラック

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください