ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【4日目①】:エベレストを臨むシャンボチェの絶景ホテル

4日目の朝。

5時に起床し、7時に朝食を取った。

寒かったこともあり、ガイドから「ネパールラーメン」なるものを薦められて食べてみた。

これが、懐かしい味で何とも美味い!

麺はおそらくインスタントだし、煮込みすぎて麺がのびてしまっているようなものではあるが、

これがなぜかやたらと美味しいのだ。

香港の茶餐廳(チャーチャンテン)で出前一丁を食べてなぜかやたらと美味しく感じるのと似た感覚だ。

東京でこれを食べたらきっとこれほどは美味しくは感じないんだろう。

朝食を食べ終えて、7:30に出発した。

ナムチェ~シャンボチェ~クムジュン村

今日は、ここナムチェを出発して、シャンボチェまで上がり、シャンボチェをぐるっと一周して、クムジュン村を訪れる。

宿の裏口から出て、裏山の斜面を登って行く。

上りの階段の間、ずっと横にはマニ車が設置されていて、回しながら上っていく。

するとあっという間にこんな高いところまで上ってきてしまった。

おもちゃのように見えるナムチェの建物。

坂を少しずつ登って行けば行くほど、ナムチェの全体が見えてくる。

つくづく美しい村だ。

ここから分かれ道となる。

エベレストベースキャンプを目指して行くトレッカーたちとは別に、シャンボチェを目指す我々は目の前のシャンボチェの丘を登る。

かなりの急坂で、登っては下を振り返り、登っては下を振り返りの連続。

しばらく登り続けると、平らではないものの比較的緩やかな傾斜の高台にたどり着いた。

これがシャンボチェの丘だ。

標高は3775メートル。富士山とほぼ同じ高さだ。

ここからは、このシャンボチェの丘の上の、緩やかな傾斜を上って行く。

そして、このシャンボチェの丘で、ついにヤクと初対面。

ガイドさんに、これはゾッキョかヤクかと聞いてみると、これはヤクだと。

そしてさらにしばらく歩くと、頭上に1つの建物が見えてきた。

これが、今晩私達が宿泊する「エベレストシェルパリゾート」だ。

そう、昨日、遥か遠くから、「あそこに明日泊まる宿が見えるよ」とガイドさんに言われ愕然としたその宿にやっと到着したのだ。

昨日はこう見えていた。

関連記事:ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【3日目①】:パクディン~サガルマータ国立公園

エベレストシェルパリゾート

入り口を入って進むと中庭に通じている。

その中庭からは、エベレストを含む8000メートル級の山々を正面に見ることができる。

これが、ここエベレストシェルパリゾートから見える、世界最高峰エベレストだ。

私がこのトレッキングをしたのは11月下旬。

非常に寒いことには悩まされたが、天気はずっと快晴で景色は見事な景色を楽しめた。

エベレストトレッキングは、雨季に入る前、春の3月~5月頃の暖かい時期に行かれる方も多いそうだが、天気がそこまで安定していないらしく、場合によっては景色があまり良くないこともあるそうだ。

一方、11月は寒いことさえ我慢できれば、天気はいいので、素晴らしい景色が楽しめる。

ここが食堂。清潔でネパールっぽさがあり、温かみがある。

ここでランチをいただいた。

メニューは決まっているとのことで、自分で選ぶことはできなかったのだが、なんとオムライスとワカメうどんを出してくれた。

実はこのエベレストシェルパリゾートは、日本人の宿泊客がけっこう多いんだとのこと。私が訪れた11月下旬は、もう寒いので、トレッキングももう終わりのシーズンだったので、他に宿泊客はいなかったが、シーズン中は多くの日本人が宿泊していて、宿も日本人が喜ぶメニューを出しているとのことだった。

ランチを食べて休んだ後は、またトレッキングに出発だ。

宿を出ると、エベレストの方向に向かって、平坦な道を進んで行く。

先の方に見える森が、有名な高級ホテル、ホテルエベレストビューだ。

振り返ると、先程までいた宿と、その先にすごい絶景だ。

落ちたらひとたまりもないな、という坂道を登っていく。

その後、しばらく歩き続けると、やっとホテルエベレストビューがある森にたどり着いた。

ホテルエベレストビュー

ホテルエベレストビューは、日本人がつくった、日本人が経営するホテルらしい。

事前にネットで調べていた時、私もどうしてもこのホテルに宿泊したくなったが、聞くところによると、日本発着のツアーでないと宿泊ができないらしく、インド発着の私は諦めざるを得なかった。いつかは泊まってみたいホテルだ。

ただ、エベレストを正面に臨むことができるテラスのカフェは、誰でも利用することができるので、今回はそこでお茶をすることに。

エントランスを入って驚いた。

他のいわゆるロッジや山小屋とは全く異なる世界観、ここは完全に高級ホテルだ。

テラスに出ると、素晴らしい空間が広がっていた。

正面にはエベレストがしっかりと見える。

振り返ると、ホテルの窓に映る山々もまた美しい。

ここで私は、ネパールの豆100%オーガニックコーヒーをオーダーした。

さすが高級ホテルだけあって、コーヒーもしっかりと美味しい。

ゆったりとした素晴らしい時間を過ごした後は、クムジュン村までトレッキングだ。

次の記事:ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【4日目②】:秘境・クムジュン村

関連記事:

ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【準備編】

ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【1日目】:カトマンズ到着

ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【2日目①】:カトマンズ~ルクラ

ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【2日目②】:ルクラ~パクディン

ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【3日目①】:パクディン~サガルマータ国立公園

ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【3日目②】:天空の村ナムチェ

ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【3日目③】:ナムチェの街並みとお土産

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください