いま話題の「インド中華」とは?

「インド中華」という料理を知っているだろうか?最近日本でも少しずつ話題になり始めているらしい。

インドはカレーだけじゃない!それを証明するのがこの「インド中華」(インディアン・チャイニーズ)だ。その名の通り、インド風の中華料理ではあるのだが、インドと中国が国境を隔てて隣同士であり、昔から様々な文化が互いに交錯し合い生まれたインド料理と中華料理の間に存在する料理だ。

インドで生まれた仏教が、ヒマラヤを超えてチベットに渡り、中国や日本に伝来したように、料理もまた国ごとに変遷をたどると非常に面白い。たとえば、日本の焼き餃子は元は中国から来たもので、中国では焼き餃子よりも蒸し餃子や水餃子が主流だ。この蒸し餃子はチベットやダージリンなどのインド北部では「モモ」と呼ばれるれっきとした伝統的郷土料理だ。また、中国の海南島で有名な「ハイナンチキンライス」は、シンガポールでも「チキンライス」として有名だし、タイに行けば「カオマンガイ」として代表的な郷土料理だ。

関連記事:バンコクで一番のカオマンガイ名店

そうやって変遷を辿っていくと、インド中華というのも急に研究に値するものに思えてくる。事実、インド中華の発祥はインド北西の都市「コルカタ」だと言われている。うん、確かに中国に地理的に近い。そして、コルカタ発祥のこのインド中華は、今やデリーをはじめとするインド全体で普通に日常的なメニューの1つとして食されている。

ちなみに、インド中華発祥の地コルカタで、最も美味しいと言われているインド中華料理店の記事がこちら。コルカタではこの店を知らない人はいない。私がデリーからコルカタに出張に行く時も、デリーの同僚からここに行くことを勧められたほどだ。

関連記事:インド中華の発祥、コルカタに来たら絶対に外せない西ベンガル風中華料理レストラン「Bar-B-Q」

マンチュリアンソースの魅力

インド中華の最大の魅力の1つが「マンチュリアンソース」だ。「マンチュリアン」は「満州風(中華風)」というところから来ている。トマトケチャップ、ニンニク、醤油で味付けをしたソースで、多くのインド中華に使われている。ここで使う醤油は日本の醤油とは違って、日本のソースに近い味のものだ。

このマンチュリアンソース、味としては「甘辛い」という味だ。日本人に分かりやすく言うと、エビチリや酢豚に使われているソースに近い。

そのマンチュリアンソースを使って、ノンベジ(肉や魚)やベジ(野菜)を炒めたり煮たりするのだ。

これが一度知ると病みつきになる味。日本人なら分かると思うが、日本の中華料理屋で出てくる中華と、本格中華料理屋で出てくる中華とでは、同じ中華でも味が異なる。このジャパニーズ中華も、本格中華より不味いとか劣っているということでは決してなく、別の料理として確立していると私は思っている。中国に旅行や出張で行って本格中華を食べるのもいいが、たまにどうしてもジャパニーズ中華を食べたくなる時もあるのだ。インド中華もそれに似ている。

もちろん、インド中華はマンチュリアンソースだけではなく、シェズワン(セチュアン)と呼ばれる四川風ソースなど他にもバリエーションがあるが、私は個人的にマンチュリアンソースをたまにやたらと食べたくなる。

今日のインド食堂

Youtubeでシリーズでお届けしている「今日のインド食堂」でも本日のメニューはインド中華だった。

今日は、焼きそば、インドのバスマティライスで作ったチャーハン、マンチュリアンソースで作った酢豚ならぬ酢鶏、同じくマンチュリアンソースで煮込んだ揚げ団子や野菜炒めなど、質・量ともに大満足のメニューだった。

皆さんも、インドに旅行や出張の際には、カレーやビリヤニだけでなく、このインド中華にも是非トライしてみてほしい。本気の本場を求めるならば、コルカタに行ってみるのがベスト。コルカタはインド人の中では「食の都」と言われるほど、美味しいものが溢れている。

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください