【パルおばさんのインド料理教室】ブンディライタの作り方

「ライタ」というインド料理はご存知でしょうか?

よく、カレーやビリヤニなどのメインディッシュの横に添え物として出てくる、ちょっとしょっぱいヨーグルトサラダみたいなアレです。あれが「ライタ」という料理です。

ライタは、いろいろな種類があります。その中で、今日ご紹介する「ブンディライタ」は、ビリヤニとの相性が最高と言われています。

ビリヤニはいま日本で話題になりつつありますね。ビリヤニの作り方だけじゃなく、ブンディライタの作り方も知っていれば、完璧です。家でインドパーティーなんかしたら面白いでしょうね。

では、動画をどうぞ!

作り方

1. ヨーグルトを用意する

プレーンヨーグルトを用意してください。今回パルおばさんが使ったのは、前回のビリヤニの時と同じ、コレ。インドではメジャーなヨーグルトです。分量は適当でOKです。

2. 下味をつける

  • 塩(少々)
  • 胡椒(少々)
  • チリパウダー(少々)

をヨーグルトにふり、かき混ぜます。

ちなみに、チリパウダーはいつものこれを使っています。

アマゾンで見てみると、日本でもインド産のチリパウダーが売ってますね。

3. ブンディを水に浸ける

「ブンディ」というのは、日本で言うところの「揚げ玉」です。小麦粉で作るのではなく、「ベサン粉」というひよこ豆を挽いた粉で作った揚げ玉です。

なんとこの「ブンディ」、日本でも同じものを買うことができます!!

ちなみに、「ベサン粉」からブンディをご自身で作ってみたい方は、ベサン粉もアマゾンで売ってるのを見つけました!

このブンディを水に浸けておき、ふやかしておきます。10分程度で十分です。

4. コリアンダー/グリーンチリを切る

パルおばさんは最近家庭菜園をやっているので、家庭菜園で育てたご自慢のコリアンダーとグリーンチリを使っています。

5. ブンディとヨーグルトを合わせる

水に浸けてフヤフヤになったブンディをヨーグルトに混ぜ合わせます。

6. クミンをフライパンで煎る

ジーラ(クミンシード)をフライパンで熱します。5分くらいでしょうか。焦げてきたらOKです。

クミンシードが無い方は、下記から買えます。

7. 焦げたクミンシードを細かく潰す

日本だったら、「すり鉢」とかで胡麻を潰すのと同じ要領でやるのがいいと思います。パルおばさんは驚愕のやり方をしていましたが(笑)。気になる方は動画を見てください。

8. 仕上げ

  • 焦げたクミンシードを潰して細かくしたもの
  • グリーンペッパー
  • コリアンダー
  • 胡椒(少々)
  • チリパウダー(少々)
  • 水(水気を足すために少々)

をヨーグルトに追加して、よくかき混ぜます。

ブンディライタの出来上がりです。ビリヤニとの相性抜群なので、是非ビリヤニと一緒に作ってみてくださいね!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください