コートヤード・バンコクにマリオットリワードポイントで無料宿泊

今回のシンガポール・バンコク弾丸2泊3日旅は、フライトは全行程マイルで特典ビジネスクラス、ホテルはポイントで無料宿泊という、極力費用をかけない形で行ってきた。

関連記事:タイ国際航空(TG)・シンガポール航空(SQ)のビジネスクラスで行く、シンガポール・バンコク弾丸2泊3日旅

シンガポール・チャンギ空港から、バンコク・スワンナプーム空港に到着した私は、早速タクシーでホテルに移動した。今回宿泊するのは、「コートヤード・バンコク」だ。マリオットリワードのポイントで、なんと1泊たったの12,500ポイントというお得さ。

確かに「コートヤード」はマリオットグループの中では低価格帯のホテルブランドだが、それでもこのコートヤード・バンコクは、バンコク一番の繁華街といってもいいサイアムエリアへ徒歩ですぐ、という好立地。BTSのラチャダムリ駅がすぐなので、シーロムエリアやスクンビットエリアに行くにも便利だ。この立地で、たったの12,500ポイントというのは非常にお得だと感じた。

その他のポイント宿泊の関連記事:

しかもきれい。私は10年くらい前にこのホテルに一度泊まったことがあったのだが、あれからもう10年も経ってるから大分劣化してるだろうな、と思って来てみたが、全然、すごくきれいだった。

ロビーも明るくていい。高級ホテルのようなゴージャス感はないが、居心地がよく、スタッフもみな明るくて愛想がいい。

部屋もすごくきれいで清潔だ。

朝食は「MoMo Cafe」で。

MoMo Cafeは世界中どこのコートヤードに行ってもある、統一したブランドだ。

メニューはすごく豊富で、ありがたい。

でも私はホテルのビュッフェでは必ず、まずサラダの大盛りを食べる。インドに住んでいると生野菜を食べる機会がないので、普通の日本人にとってみればサラダは日常だとしても、私にとってはサラダというものはたまにしか食べられないご馳走なのだ。

そして、定番のホテルブレックファースト的なものも、もちろん。

タイヌードルもその場で作ってもらえるカウンターがあったので、当然それもオーダー。

と、朝から食べ過ぎてしまい、反省。

そう、今日はバンコクの春節を見に、バンコクのチャイナタウンであるヤワラートに行く予定にしていたのだった。朝食を食べ過ぎてしまっては食べ歩きができなくなってしまうではないか。

いずれにしても、ポイントで無料宿泊した割には非常に楽しめた滞在となった。

関連記事:

゜:★タイのオプショナルツアー予約VELTRA★

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください