【パルおばさんのインド料理教室】ムングダールカレーの作り方

ダールカレーってご存知でしょうか?そう、インドの「豆カレー」のことを「ダールカレー」と呼びます。そのダールカレーにも実はいろいろと豆の種類があり、今回ご紹介するのは「ムング豆」という豆を使った「ムングダールカレー」です。

このムングダール、非常に柔らかい豆で、インドでは離乳食や病院食でも使われている豆です。インド人だったらみんな大好きな家庭料理なので、このムングダールカレーを知っているとかなりインドレベル高いですよー。

さあ、ではパルおばさんによるムングダールカレーの作り方は、下記の動画をご覧ください。このブログでは詳細のレシピも記載しておきます。

作り方

1.ムング豆を茹でる

ムング豆を鍋に入れ、水を注ぎ、茹でます。

パルおばさんが使っているのはこのムング豆です。

ムング豆は日本でも買うことができます。下記いくつかご紹介します。

日本人だと、「ムング豆は何グラム入れるの?」「水は何ミリリットル入れるの?」と気になってしまうところですが、パルおばさんに聞いてみましたが、「適量」だそうです笑

ムング豆を茹でながら、

  • 塩を少々
  • コリアンダーパウダーを半サジ
  • チリパウダーを半サジ

加えます。

コリアンダーパウダーはおそらく日本でどこでも手に入りますが、買いに行くのが面倒な方は下記からどうぞ。最近パルおばさんの料理をいろいろ教えてもらって分かってきたのですが、大体どの料理にもコリアンダーパウダーは必要になってきますね。

するとこんな色になります。

引き続きムング豆を煮込み続けると、こんな色になってきます。煮込みながら、次の工程に移ります。

2.カレールーを作る

まずは、ニンニクと玉ねぎをみじん切りにします。

フライパンを火にかけて、油をしいて、ジーラ(クミンシード)を炒めます。

ジーラ(クミンシード)もインド料理には欠かせないスパイスです。できればクミンパウダーではなくて、クミンシードがベターです。お近くのお店で見つからない場合は、下記よりどうぞ。

しばらく炒めると、インドっぽい香ばしい香りがしてきます。

次に、みじん切りにしたニンニクと玉ねぎをフライパンに追加して炒めます。

次に、トマトの皮を剥き、固い芯を取り除き、なるべく細かく切っていきます。

そして、そのトマトもフライパンに投入し、一緒に炒めます。

炒めながら、塩を少々追加します。

3.ムング豆とカレールーをガッチャンコ

煮込んだムング豆をスープごと、フライパンに流し込みます。

ムング豆は非常に柔らかい豆なので、短時間でほろほろに柔らかくなります。

これでもう出来上がり。10分くらいであっという間にできてしまいました。

ムングダールカレーは離乳食や病院食でも使われているくらい、ヘルシーな食べ物です。簡単に作れますので、皆さんも是非おうちで作ってみてください。ご飯によく合います。

関連記事:

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください