【パルおばさんのインド料理教室】簡単!チキンティッカの作り方

チキンティッカは日本でも有名なインド料理ですよね。タンドリーチキンとチキンティッカの違いは簡単!骨付きのチキンがタンドリーチキン、骨無しのチキンならチキンティッカなんです。

チキンティッカとタンドリーチキンは、本来は窯で焼いたバーベキューチキンなのですが、おうちで作るとなると窯はもちろんないし、オーブンで焼くとしても時間がかかって面倒ですよね。ということで、今回パルおばさんが教えてくれるのは非常に簡単な「チキンティッカフライ」。油をフライパンにしいて揚げるように焼くことで、いい感じに焦げ目がついて、簡単にチキンティッカが作れてしまうという簡単アイディア料理です。これなら日本の皆さんも簡単にインドの味が作れます。

では、パルおばさんの動画は下記からどうぞ。このブログには詳細のレシピを載せていますので合わせてご覧ください。

作り方

1.チキンに下味を付ける

チキンを用意します。日本だったら唐揚げ用の肉が一番いいと思います。

チキンに下記のもので下味を付けていきます。

  • 塩を少々
  • コリアンダーパウダー1サジ
  • チリパウダー半サジ
  • チキンマサラ1サジ
  • レモン汁(レモン1個分)
  • ニンニクのみじん切り(適量)
  • オリーブオイル1サジ

これでチキンをマリネします。

こんな感じの色になります。

コリアンダーパウダーはお近くのお店でも置いていると思いますが、見つからない場合は下記からどうぞ。インド料理ではほぼ毎回使いますので、ご自宅に買い置きしておくと便利です。

あと、チキンマサラもお持ちでない方は下記からどうぞ。これもよく使います。

チキンをマリネし終えたら、30分くらい寝かしておきます。

2.チキンをフライにする

30分くらいチキンを寝かしたら、フライパンに油をしき、熱します。

そこにチキンを並べ、揚げていきます。

油は日本の揚げ物の感覚ほど多くなくても大丈夫です。あくまでも外側にカリッと焦げ目を付けるだけなので、チキンが完全に浸るほど油は入れなくていいです。

頃合いを見て、ひっくり返します。

両面ともいい感じに焦げ目がついて来たら、もう出来上がりです。

キッチンペーパーに上げて、余分な油を吸い取らせます。

あっという間に出来上がり。玉ねぎの細切りにレモンを絞ったのを付け合わせにするとよく合います。

簡単チキンティッカの出来上がり!

日本で言うと鶏の唐揚げですね。でもインド風の味がします。ビールのおつまみにもなるし、ご飯にもよく合う!

チキンティッカやタンドリーチキンは外で食べるならいいけど、家だとなかなか作るのが大変なのですが、これなら家でも簡単!インドの家庭の簡単チキンティッカ、是非お試しください。

関連記事:【おうちで世界一周】1周目 インド チキンティッカの作り方

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください