【パルおばさんのインド料理教室】ダールマッカニーカレーの作り方

ダールマッカニーってご存知でしょうか?ダールカレー(インドの豆カレー)のうち、「ラジマ豆」と「ウラド豆」という2種類の豆を使ったカレーのことなのです。

以前紹介した、「ムングダールカレー」はインドの離乳食や病院食などでも使われる非常に柔らかいムング豆を使ったヘルシーなカレーでしたが、今回ご紹介するダールマッカニーはもう少し豆の食感がしっかり残る、コクの深い、定番のインドの豆カレーです。インド人ならみんな大好きな国民食とも呼べるカレーです。

関連記事:【パルおばさんのインド料理教室】ムングダールカレーの作り方

以前ご紹介した、インド・デリーで一番美味しいと言われているカレー屋さん「BUKHARA」で出しているダールカレーも、このダールマッカニーと似た、コクの深いカレーでした。ダールカレーは、インドでは日本で言う味噌汁のように誰もが好きで毎日食べるような国民食だそうです。

関連記事:インド・デリーで一番美味しいカレー屋さん

さあ、ではパルおばさんが教えてくれるダールマッカニーの作り方は下記の動画からどうぞ。また、このブログ記事では、詳細のレシピも載せますのであわせてご覧ください。

作り方

1.豆を水につけて一晩寝かす

下記の2種類の豆を用意します。

  • ラジマ豆
  • ウラド豆

今回パルおばさんが使ったラジマ豆とウラド豆は下記のものです。

ラジマ豆
ウラド豆

日本ではなかなか見つけづらいと思いますので、ネットで買える商品を下記にご紹介しておきます。

ラジマ豆

ウラド豆

ラジマ豆を半カップ、ウラド豆を1カップ、水につけて6時間~8時間程度寝かしておきます。大きめのタッパーか鍋に入れて一晩そのままにしておくのがいいでしょう。冷蔵庫に入れる必要はありませんが、蓋は閉めた方が良さそうです。

2.豆を茹でる

一晩(6時間~8時間)みずにつけて寝かせた後、米を研ぐように豆を洗い、水を捨てます。

豆を圧力鍋に移し、水を2カップと、塩を少々入れ、圧力鍋の蓋をして30分程茹でます。

圧力鍋だと30分くらいでOKですが、圧力鍋がない場合は普通の鍋だと2時間~3時間かかります。

3.カレールーを作る

以下のものをミキサーに入れます。

  • 皮を剥いたニンニク(適量ですが、パルおばさんは丸ごと1個使いました)
  • 生姜(皮を剥いてざく切りにしたもの。適量ですが、パルおばさんはこれも丸ごと1個くらい使いました)
  • グリーンチリ(2本程度。無ければ唐辛子でもOK)

これをミキサーにかけ、ペースト状にします。

次に、トマトを皮ごとざく切りにして、ミキサーに入れます。トマトは3個~4個くらいでしょうか。

そしてミキサーにかけて、トマトペーストにします。

これで、カレールーのもととなる、生姜ニンニクペーストと、トマトペーストの完成です。

次に玉ねぎ(2個程度)の皮を剥いて、みじん切りにします。

フライパンに油をしき、玉ねぎのみじん切りを炒めます。

炒めながら、塩を少々追加します。

炒めている間に、コリアンダーをカットします。

炒めている玉ねぎに、香りづけのために、ローリエの葉(2枚程度)とカルダモン(2粒程度)を入れます。

ローリエとカルダモンがない方は下記よりどうぞ。

ローリエ

カルダモン

そして、先程ミキサーで作った、生姜ニンニクペーストを2サジ程度追加して炒めます。

しばらく炒めたら、先程ミキサーで作ったトマトペーストを追加します。

これを炒めている間に、豆がそろそろ30分経つと思いますので、豆は火からあげておきましょう。

フライパンで炒めている玉ねぎ・トマトはもうドロドロのペースト状になってきています。

そこに、下記のものを加えてさらに炒めていきます。

  • チリパウダー半サジ
  • コリアンダーパウダー2サジ
  • ジーラパウダー(クミンパウダー)2サジ

パルおばさんが使っているコリアンダーパウダーとジータパウダー(クミンパウダー)はこちらです。

コリアンダーパウダーとジーラパウダー(クミンパウダー)がない方は下記からどうぞ。

コリアンダーパウダー

ジーラパウダー(クミンパウダー)

もうペースト状と言うよりは、丸めればハンバーグになるんじゃないかってくらいの状態になってきています。

4.カレールーと豆をガッチャンコ

フライパンで炒めていたカレールーを圧力鍋に入ったままの豆の上に入れます。

このままだと水気が足りないので、水をカップ1杯~2杯ほど足します。

そして、豆とカレールーをよく混ぜながら煮込んでいきます。圧力鍋の蓋はする必要はありません。

煮込みながら、塩を少々追加します。

また、先程切っておいたコリアンダーを追加します。

さらに、バターを追加します。日本人的に言うと、ちょっと多いというくらいの量を入れた方がコクが増してより本場の味に近くなります。

バターを溶かすようによくかき混ぜながらさらに5分くらい煮込んでいきます。

パルおばさんが使ったバターは、インドの国民的バターとも言えるアムールバター。インド人はみんなこれで育っています。

かわいいパッケージですよね。これはバターですが、アムールはいま日本でも注目されている「ギー」というインド古来からのヘルシーなバターオイルも出していますので、オススメですよ。

その後、最後にクリームを2~3サジ程度追加します。これもコクを増すためです。クリームを入れたら、もう火は切って余熱で大丈夫です。クリームもよくかき混ぜて全体に行き渡るようにしましょう。

5.盛り付けをする

盛り付けをする前に、ローリエの葉とカルダモンを取り出しておきましょう。

最後に飾りつけで、細かく切ったコリアンダーの残りと、クリームを少々上からかけます。

これでダールマッカニーの出来上がりです。

インドの国民食とも言えるダールマッカニー。みなさんも作り方をマスターして、おうちで作ってみてくださいね。

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください