パタヤのおすすめステーキハウス「ビーフィーター(Beefeater)」

パタヤのおすすめステーキハウスと言えば「ビーフィーター(Beefeater)」という名店があると聞き、インドから社員旅行で来た我々は普段牛肉が食べられないので、インド人同僚たちとのインドレストランでのランチを欠席し、このステーキハウスへ。

半分が欧米人、半分が日本人といった感じ。日本人にも有名で人気のようだ。

まずはチャーンビールで乾杯。チャーンビールやシンハビールを飲むと、あー、タイに来たなあという感じがする。

そして、ステーキの前に、ロブスタースープをオーダー。ロブスタースープなんてインドじゃなかなか巡り合うことがない。

さすがタイ。さすがパタヤ。間違いない美味しさ。

そしてこれがステーキのメニュー。おー、これもインドではなかなかお目にかかれないメニューだ。リブアイの250グラムをオーダー。サイドディッシュはガッツリ食べたかったので、フライドポテトをオーダー。

来ました来ました、肉厚のビーフ。

この肉厚感、たまりませんね。日本にいた時はステーキなんて何とも思わなかったけどな。やっぱりインドに住んでからは牛肉が食べられない分、牛肉食べたい欲が前よりずっと強くなったような気がする。

そしてポテトも安心感を与えてくれる量。

このビーフィーター、毎週土日の12:00~16:00の間、ブランチビュッフェもやってるみたい。345バーツ(約1200円)でいろいろな種類のものが食べ放題ということでかなりお得感はあるけど、我々のようにインドから来た牛肉を欲しまくっている人にとってはビュッフェよりもガツンと肉厚ビーフステーキですね、間違いなし。

食べ終わって、大満足で外に出ると、実はここ、ステーキハウスが立ち並ぶストリートなのですね。ビーフィーター以外にもたくさんステーキハウスが軒を連ねています。ただ、客の入り方が全然違う。他の店は客がちょっとしか入っていませんが、ビーフィーターはいっぱいでした。それだけ高く評価されている店なのですね。

次回もパタヤに来た時には絶対また来ようと思える店でした。

インド・牛肉関連の記事:

この旅の記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください