【パルおばさんのインド料理教室】タンドリーチキンの作り方

タンドリーチキンは誰もが知っている代表的なインド料理です。ビールにもご飯にもよく合いますよね。バーベキューなんかでタンドリーチキンを作れたら盛り上がりそうですね。

本格的なインド料理のタンドリーチキンは自分で作るのは難しいだろうと思っている方が多いと思いますが、そんなことはありません。パルおばさんが誰でも簡単に作れるタンドリーチキンの作り方を紹介します。

タンドリーチキンの作り方

1.チキンをスパイスでマリネして一晩寝かす

まず、骨付きチキンを用意します。

「タンドリーチキン」と「チキンティッカ」の違いは、タンドリーチキンが骨付きチキン、チキンティッカが骨無しチキン、という違いなんです。なので、今回はタンドリーチキンですので、骨付きチキンを用意しました。皆さんがご自宅で作られる際には、味付けさえ真似できていれば必ずしも骨付きでなくてもいいと思います。

まず、鍋に下記のものを入れます。

  • ヨーグルト(2~3サジくらい)
  • チリパウダー(半サジ)
  • ガラムマサラ(半サジ)
  • タンドリーチキンマサラ(1~2サジ)
  • 油(2サジ)
  • 塩(1サジ)
  • グリーンチリのみじん切り
  • 生姜のみじん切り
  • ニンニクのみじん切り

これをよくかき混ぜます。

今回パルおばさんが使ったスパイスは下記のものです。

スパイスがお手元にない方は、下記よりお買い求めいただけます。

チリパウダー

ガラムマサラ

タンドリーチキンマサラ

そして、チキンはフォークなどで刺しながら小さな穴を開けていきます。そうすることで、スパイスが染み込みやすくなります。

このチキンを鍋に加え、よく混ぜます。

これでチキンの下準備はOKです。これを冷蔵庫に入れて一晩寝かせます。

2.チキンをグリルで焼く

翌朝、一晩寝かせたチキンをグリルで焼いていきます。

ひっくり返しながら、油を少しずつ表面に塗りながら焼き進めていきます。そうすることで、網にチキンがくっつきにくくなります。

また、ひっくり返したら、残っているタンドリーソースを表面に塗り足しながら焼いていきます。

それを繰り返しながら、丁寧にゆっくりじっくり焼いていきます。

チキンが網にくっついてしまったら、ナイフなどで丁寧に剥がしながら焼いてください。

3.残ったタンドリーソースでタレを作る

残ったタンドリーソースをフライパンで炒めます。

玉ねぎのみじん切りを加えて、さらに炒めます。

4.飾り付けの野菜を準備する

飾り付けのために、トマトと玉ねぎを薄切りにします。

それを皿に盛りつけます。

5.タンドリーチキンの持ち手部分にアルミホイルを巻く

タンドリーチキンが焼きあがったら、食べやすくするために、持ち手部分にアルミホイルを巻きます。

6.タレを上からかけて出来上がり

先程フライパンで作ったタレをタンドリーチキンの上からかけて出来上がりです。

タンドリーチキンの出来上がりです!スパイスが効いていて、ビールにもよく合う!

皆さんも是非、おうちで、バーベキューで、試してみてください!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください