シンガポールで一番美味しいチキンライス「天天海南鶏飯」

シンガポールのグルメと言えばいろいろありますが、中でも外せないのがチキンライスです。チキンライスというのは、チキンスープで炊いたご飯の上に、蒸し鶏が乗せてあるシンプルな料理です。もともとは中国・海南島の名物なので、ハイナン(海南)チキンライスとも呼ばれたりします。タイに行けば、同様の料理がカオマンガイと呼ばれています。この、簡単、だけど奥の深いB級グルメは昔からいろいろな国で愛され続けているのですね。

関連記事:タイ・バンコクのカオマンガイ名店

物価の高いシンガポールでお金をなるべくかけずにグルメを堪能したければ、「ホーカーセンター(ホーカーズ)」と呼ばれる屋台街が間違いなくオススメです。地元の人たちが通う、美味しいB級グルメを安く楽しむことができます。

「ホーカーセンター」というのは屋台街の総称で、シンガポールには至る所にホーカーセンターがあります。中でも有名なのが「マックスウェル・フードセンター」と呼ばれるホーカーセンターです。このマックスウェルの中に、シンガポールでNo.1と言われるチキンライスの名店「天天海南鶏飯」はあります。

マックスウェル・フードセンター(またはマックスウェル・ホーカーセンター)は非常に有名なので、タクシーで行くなら運転手さんに「マックスウェル・ホーカーセンター」と伝えれば行けます。地下鉄で行くなら、タンジョンパガー駅とチャイナタウン駅の間くらいに位置していて、どちらの駅からも徒歩10分以内で行けます。

これがマックスウェル・ホーカーセンターの外観です。

中に入ると、こんな感じで間口の狭い店が軒を連ねています。

この青い看板が「天天」の目印です。

この天天海南鶏飯、ミシュランにも載っている有名な超人気店なので、行く時間によっては長蛇の列ができています。でも、回転が速いのでそれほど長い時間待たずに食べることはできると思います。

並ぶのが嫌な方は、空いている時間に行きましょう。今回私は平日の16時くらいに行きましたが、並ばずにすぐに食べることができました。

この天天は超人気店なので、間口が2軒分ありますが、店舗に向かって右側(Aと書かれたところ)でオーダーと前払いをして、レシートをもらって、左側のBと書かれたところに行ってレシートを渡して料理を受け取ります。

チキンライスは大・中・小とサイズが3種類あり、大が7.8シンガポールドル(約640円)、中が5シンガポールドル(約410円)、小が3.5シンガポールドル(約290円)です。「中」が一番人気のようです。私も「中」をオーダー。

これがシンガポールで一番美味しいチキンライス、天天のチキンライスです。

横に添えられているピリ辛ダレは生姜がたっぷり入っていてスパイシーですが、こうやってチキンにまんべんなくかけて食べると最高に美味しいです。チキンスープで炊かれたダシの効いているご飯、プリップリのチキン、そしてこのピリ辛生姜ダレの相性が抜群。

チキンはさすが名店。茹で加減がいいのかなあ。すごく新鮮なチキンで、ミディアムレアくらいに茹でられていて、歯ごたえもいいけど、同時にとろけるようなまろやかさもあります。あまりに美味しくて、あっという間に食べ終わってしまいました。

シンガポールに来たら、絶対にこの天天のチキンライス、食べてみてください!!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください