【パルおばさんのインド料理教室】パラクパニール(ほうれん草とチーズのカレー)の作り方

パラクパニールとは、インドのベジカレー(野菜カレー)で、ほうれん草とチーズを使ったカレーのことを言います。「パラク」とはほうれん草のことで、「パニール」とはインドのカッテージチーズのことを指します。チーズといっても日本人が想像するチーズとは少し異なりますが、食感や味はモッツァレラチーズに近いチーズです。

ほうれん草のカレーと言えば、日本でもインド料理屋に行くと緑色のカレーを見たことがある方もいらっしゃると思います。ほうれん草の深いコク・甘みと、辛いインドのスパイスがうまくマッチングして、非常に濃厚な味のカレーです。

それでは、パラクパニールの作り方を動画とブログでどうぞ!!宜しければ是非チャンネル登録もよろしくお願いします!!

パラクパニールの作り方

1. ほうれん草を茹でる

鍋に湯を沸かし、10分~15分くらいほうれん草を茹でます。ほうれん草は思ったより多めに用意しましょう。その方がほうれん草カレーにコクが出ます。

2. ニンニク・生姜・玉ねぎを細かく刻む

ほうれん草を茹でている間に、ニンニク・生姜・玉ねぎを細かく刻んでおきましょう。パルおばさんは、ニンニクと生姜はそれぞれスプーン2杯くらいの量、玉ねぎは中くらいの大きさのものを2つ使いました。

3. 具材を炒める

フライパンに油をしき、まず玉ねぎから炒めていきます。

玉ねぎはアメ色になるまでしばらく炒めます。

その後、ニンニク、生姜の順にフライパンに追加し、一緒に炒めていきます。

4. ミキサーでペーストを作る

先程茹でたほうれん草をミキサーにかけ、ペースト状にします。

次に、ほうれん草とは別に、トマトとグリーンチリをミキサーにかけます。今回パルおばさんは、トマト3つ、グリーンチリ2本を使いました。

5. スパイスを加える

フライパンで炒めている玉ねぎ・ニンニク・生姜に、下記のスパイスを加えます。

  • コリアンダーパウダー(1サジ)
  • チリパウダー(半サジ)
  • ジーラパウダー(クミンパウダー)(半サジ)
  • 塩少々

スパイスがお手元にない方は、インド産のスパイスを下記よりお買い求めいただけます。

コリアンダーパウダー

チリパウダー

ジーラパウダー(クミンパウダー)

スパイスを加えて炒めるとこのような色になってきます。

6. トマトペーストをフライパンに投入

先程ミキサーで作ったトマトペースト(トマト+グリーンチリ)をフライパンに加え、一緒に炒めます。

7. ほうれん草ペーストをフライパンに投入

先程ミキサーで作ったほうれん草ペーストをフライパンに加えます。もともとフライパンで炒めていたトマトペーストとよくヘラで混ぜながら炒め、そして煮込んでいく感じです。

8. パニールを切ってフライパンに投入

今後、パニールの家庭での作り方も教えてくれるそうですが、今回は買ってきたパニールを使いました。

インド産ではありませんが、Amazonでパニールを見つけたので載せておきます。ご希望の方はどうぞ。

パニールがどうしても手に入らない場合は、モッツァレラチーズでやってみるのもアリだと思います。もしくはチーズでなくても、チキンとか入れても美味しいと思います。

パニールをサイコロ状に切っていきます。大きさは氷の大きさくらいです。

これをフライパンに投入し、ヘラで丁寧にかき混ぜながら煮込んでいきます。

9. パニールを削ってフライパンに投入

パニールをすりおろして粉チーズ状にして、フライパンに投入して、一緒に煮込みます。こうすることで、よりまろやかさが増すそうです。大根おろしや生わさびをするようなイメージです。

これでまたかき混ぜながらしばらく煮込んだら出来上がりです!

ほうれん草の深みのあるコクと甘み、そしてスパイスの辛さがすごくマッチした濃厚なカレーです。パニールの甘さと食感も、辛いカレーとよく合います。皆さんも是非お試しください!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください