【リナおねえさんのインドスイーツ教室】クルフィ(インドの牛乳アイス)の作り方

「クルフィ」というインドのスイーツを知っていますか?

クルフィとは、インドでは超定番のスイーツで、牛乳をナッツ類と一緒に煮込んで、それを冷やして凍らせたインドの牛乳アイスです。砂糖と一緒に煮込んだ牛乳の甘さと、カルダモンやカシューナッツ、ピスタチオ、アーモンドなどのナッツの香りがすごくいいデザートです。

新企画「リナおねえさんのインドスイーツ教室」第2回目の今回は、このクルフィの作り方をご紹介します。

前回と同様、恥ずかしがり屋で笑い上戸のリナおねえさんと、先輩パルおばさんとのからみがなんだか面白いので、是非動画とブログと合わせてご覧いただけると嬉しいです!

動画の方は、よろしければ下記のボタンからチャンネル登録をしていただけると大変励みになります!

クルフィ(インドの牛乳アイス)の作り方

1. カルダモンを細かく潰す

カルダモンシードを細かく砕きます。小さな器等に入れて、麺棒などで砕いていくとやりやすいです。

カルダモンシードがお手元にない方は、下記よりお買い求めいただけます。

2. 牛乳・砂糖・カルダモンを煮込む

牛乳・砂糖・砕いたカルダモンを鍋に入れ、煮込みます。

ヘラなどでゆっくりかき混ぜながら煮込んでいきます。

牛乳・砂糖・カルダモンの量は、適量としか言いようがありません笑。パル・リナコンビもあまり量とかは考えずに感覚で作っているようでして・・・

3. ナッツ類を細かく刻んで鍋に加えて煮込む

今回用意したのは、カシューナッツ、ピスタチオ、アーモンドです。

これらのナッツを包丁で細かく刻んでいきます。

牛乳の方をしばらく煮込んだ後(感覚的に言えば10分から15分くらい煮込んだ後でしょうか)に、この細かく刻んだナッツ類を鍋に追加します。

そして、またさらに煮込みます。ゆっくりかき混ぜながら。

合計で30分くらいは煮込みます。

4. 大きな器に移して、冷ます

30分くらい煮込んで、ドロッとしてきたら鍋からあげていいようです。

ドロッとならない場合は、片栗粉を最後に入れる場合もあるそうですが、今回パル・リナは片栗粉無しで30分くらい煮込んだらドロッとなってきました。

鍋から大きめの器に移して、かき混ぜながら冷まします。

5. 小さな器に盛りつけて、棒を刺して、冷凍庫へ

冷めてきたら、小さい器に盛りつけます。

インドでは通常、クルフィは円すい型の器に入れるようで、パル・リナが選んだのはこの3つの器。真ん中と左はいいのですが、右の器はお米の計量カップです笑。

そして、アイスキャンディのように、食べる時は棒を持って食べるらしく、器に棒を刺して冷凍庫で冷やします。

いい棒が無かったので、パルおばさんが割り箸をボキッと半分に折り、それを刺しました笑。

これで冷凍庫に入れて、凍らせればクルフィの出来上がりです!

数時間後、冷凍庫から取り出したら、ちゃんと固まって出来上がっていました。

溶けにくいのですが、置いておいて、ちょっと溶けてきてから食べるとすごく美味しいです!!

牛乳&砂糖の甘みと、ナッツ類の香りとがマッチして、美味しい!!

インドの暑い夏も乗り切れるデザートです。

これからの暑い夏、皆さんもインドのアイス「クルフィ」をおうちで是非作ってみてください!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください