デリー駐在員はみんな大好き!老舗中華の「金橋」

インドのデリー・グルガオンには、なぜか中華料理のレストランが少ないです。

和食レストランはここ1年~2年ですごく増えてきましたが(とはいえまだ両手で数えられるくらいしかありませんが)、中華はほんとに数軒しかありません。

駐在員の数に比例したりもするので、デリー・グルガオンには中国企業とか中国人駐在員とかがまだ少ないんですね、きっと。

日本にいると気付かないかも知れませんが、意外に中華って食べたくなるんですよね。それだけ日本にいた時そこそこの頻度で中華を食べてたってことだと思うんですが。もちろん人によるでしょうけど、私はたまにむしょうに中華を食べたくなり、そんなときデリー・グルガオンには中華の選択肢がほとんどないので困ったりすることがあります。

そんな時、一番頼りになるのが「金橋(きんばし)」。

デリー在住の日本人だったら知らない人はいないくらいの老舗・有名な中華料理店です。

金橋は、グルガオンの高級住宅街「ゴルフコースロード」にあります。

中橋酒店というホテルのGround Floorです。

みんな「金橋」と呼ぶので、私もそう呼んでいますが、ほんとは「中橋」なんじゃないの?名前変わったの?とちょっと謎です。

でも、10年近く前にデリーに駐在していた人とかに聞いても「金橋」は知ってるんですよね。

こんな建物です。ゴルフコースロードは高層マンションやモールなどが並んでいるので、ちゃんと地図を見ながら行かないと気付かないレベルの建物です笑

店内はこんな感じ。

ザ・中国ですね。インドを感じさせません。

私はたまにランチでここに来るのですが、決まって頼むのはこの「牛肉麺」(中国語だとニューローメン)です。クリアな塩味のスープで、美味しいんです!

ほんとの牛肉なのかは分かりません。おそらく本物なのではないかと思われる。

参考記事:インドで牛肉は食べられないってホント!?

中国で「牛肉麺」と言えば、「蘭州拉麺(蘭州ラーメン)」です。中国の蘭州市だけでなく、中国全土に牛肉麺と言えば蘭州ラーメンというイメージができていて、どこの都市でも蘭州ラーメンのお店はあります。

ここ金橋の牛肉麺を食べていると、蘭州で食べた本場の蘭州ラーメンを思い出して懐かしいんですよねー。

中国・蘭州の関連記事:

この金橋はディナーもおすすめです。

こういう大皿で出てくるのですが、全て安くて美味い!!

大人数で行った方がいいですが、ガンガンお酒飲んで料理食べまくっても、1人あたり1500ルピー(約2400円)を超えることはほぼありません。

かなりコスパよく本格中華を食べられる、デリー・グルガオンでは超貴重なお店なのです。

しかしやっぱり思うのは、華僑ってのはすごいですね。どこの国に行っても中華系の人ってのがいて、中華料理もいろいろな形に変わっています。

日本にいても、本格的な中華料理と、日本っぽく味付けしたジャパニーズ中華(私はそう呼んでいます)といろいろ店がありますが、インドにもこの金橋のような本格中華もあれば、「インド中華」っていうジャンルもあります。

インド中華の関連記事:

中華料理食べたいなーって時々思いますが、本格中華を食べたい時、インド中華を食べたい時、ジャパニーズ中華を食べたい時、と微妙に違うんですよねー。

シンガポールの「三錦」みたいなジャパニーズ中華がデリーには無いので、そういう店もできたら最高ですねー。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください