【パルおばさんのインド料理教室】ブレッドパコラの作り方

「ブレッドパコラ」って知っていますか?

「パコラ」というのは、天ぷらのようなインド料理で、以前パルおばさんのインド料理教室でも取り上げました。

関連記事:【パルおばさんのインド料理教室】パコラ(インドの天ぷら)の作り方

ということは「ブレッドパコラ」はパンの天ぷら??

私もインドに3年住んでいますが、今までブレッドパコラって知らなかったんですが、これ知ってる人はかなりインドレベル高いです。

ブレッドパコラは、インドではサモサに並んでトップレベルに人気のスナックなんだそうです。具材をパンで挟んでサンドイッチ状にして、衣をつけて揚げた料理です。

関連記事:【パルおばさんのインド料理教室】サモサの作り方

マーケットや路上でよく見かける屋台で売っています。そういえばサモサの他にも大きなサモサみたいなものが置いてあるのは見たことありますが、あればブレッドパコラだったんですね。

パルおばさん曰く、外で買って食べるスナックとして以外に、家で作って朝食に食べたりもするんだそうです。朝からはちょっとヘビーですが、インド人が好きな朝食だそうですよ。

かなり腹持ちがいいので、皆さんもお腹が空いたとき、インド気分に浸りたいときなんかに是非ご自宅でお試しください!

それでは、動画とブログでどうぞ!よろしければ動画の方は下のボタンからチャンネル登録をしていただけると励みになります!

ブレッドパコラの作り方

1. ジャガイモを茹でる

まず、ブレッドパコラのメインの具となるジャガイモを茹でます。

時間短縮のために、圧力鍋を使います。圧力鍋だと10分~20分くらい茹でればジャガイモがいい感じに柔らかくなります。

2. 具材に使う野菜を細かく刻む

今回ブレッドパコラの具材として使うのは、

  • ジャガイモ
  • コリアンダー
  • グリーンチリ
  • タマネギ

です。

ジャガイモは茹でて柔らかくしてから皮を剥いて潰すのですが、ジャガイモを茹でている間に、コリアンダー、グリーンチリ、タマネギを細かく刻んでおきましょう。

3. チャツネを作る

「チャツネ」というのはインドのソース(ペースト状の調味料・タレ)のことで、インド料理には欠かせません。インド料理屋に行くと緑色のチャツネがよく出てきて、いろんなインド料理をこのチャツネに付けて食べたりします。

日本で言うと何ですかね?焼き魚やハンバーグなどに大根おろし&ポン酢とか醤油とかを付け合わせますが、あんなイメージですかね。もしくはご飯と一緒に食べるふりかけのようなものに例えられるかも知れません。

サモサやこのブレッドパコラも、それ自体も味がついていますが、より濃くて複雑な味を求めるインド人は、チャツネにディップして食べます。

チャツネと一言で言っても、いろいろな種類のチャツネがありますし、お店や家庭によって入れる食材も異なりますが、今回パルおばさんが作ったのは下記のチャツネです。

下記のものをざっくり切って、ミキサーに入れます。

  • コリアンダー
  • グリーンチリ
  • ニンニク
  • トマト

そして、塩も少々加えます。

これをミキサーでペースト状にします。

こんな感じのチャツネが出来上がりました!

うーん、これだけでも十分美味しい!!

ニンニクとコリアンダーの香り、トマトの酸味と、塩のしょっぱさと。何につけても美味しそうなチャツネの出来上がりです。

今度、チャツネだけで特集してみるのも面白そうですね。

4. 衣を作る

ジャガイモが茹で上がるのを待っている間に、もう1つやってしまいましょう。

ブレッドパコラを揚げる時の衣を作っておきましょう。

ベサン粉(ひよこ豆の粉)を使います。

ベサン粉がない方は下記からお買い求めいただけます。

ベサン粉をボールに入れ、下記のスパイスを加えます。

  • チリパウダー(半サジ)
  • ジーラパウダー(クミンパウダー)(半サジ)
  • アムチュールパウダー(少々)
  • 塩(半サジ)

これをスプーンなどでよく混ぜます。

スパイスがお手元にない方は下記よりどうぞ!

チリパウダー

ジーラパウダー(クミンパウダー)

アムチュールパウダー

次に、ここに水を少しずつ加えながら引き続き混ぜていきます。

後ほどブレッドパコラにこの衣をつけて揚げることになるので、ドロドロとシャバシャバの間くらい、少しとろみがあるくらいがちょうどいい出来上がりです。

5. 具材を作る

ジャガイモが茹であがりました。お湯を捨てて、少し冷ましておきます。

少し冷まして手で触れるレベルになったら、皮を剥きます。

皮を剥いたら、フォークなどを使って、潰します。

この潰したジャガイモの上に、先程細かく刻んだコリアンダー、グリーンチリ、タマネギを加え、混ぜ合わせていきます。

そこに下記のスパイスを加えます。

  • チリパウダー(少々)
  • アムチュールパウダー(少々)
  • 塩(少々)

先程、衣を作るときにスパイスを既に入れていますので、具はそれほど多くのスパイスを入れなくてもいいです。

これらのスパイスに加えて、パルおばさんは裏技的に、ジーラ(クミン)シードを揚げたものをすり潰したものを上からかけていました。これにより香ばしさが増すそうです。

そして、こんどは素手でよく混ぜます。

これで具の出来上がりです。

6. ブレッドパコラの形を作る

サンドイッチ用の食パンを4枚用意します。

普通の食パンでもいいですが、このブレッドパコラ、揚げたあとはかなりボリューミーなので、薄めのサンドイッチ用の食パンの方がいいと個人的には思います。

そして、パンの耳を切ります。そのまま使ってもいいのですが、日本でもサンドイッチは耳はないですよね。インドでもパンの耳をあまり好きでない人が多いんだそうです。

パン1枚の上に具を乗せて、

もう1枚のパンで上から挟んでサンドイッチにして、

斜めに半分に切ります。

こんな感じです。

既にこのままでも食べても良さそうではあります。

でも待ちましょう。インド人がみんな大好きなスナック、ブレッドパコラになるまで。

7. 衣をつけて揚げる

形が出来上がったブレッドパコラを、先程作った衣によくつけて、フライパンで熱した油で揚げていきます。

最初はこんな感じですが、何度か裏返しながら、満遍なく両面とも揚げていきます。

ブレッドパコラは、けっこうディープフライにするらしく、かなりこんがりしっかり時間をかけて揚げます。

三角の形をしているのがブレッドパコラ。丸い形をしているのは何かというと、余った具で作った「アルティキ」というインド料理なのだそうです。

アルティキとは、サモサやブレッドパコラなどの具(ジャガイモやタマネギなどの野菜中心)をそのまま油で揚げたもので、このアルティキもインドではかなり人気のスナックなんです。イメージ的には、日本のコロッケの衣なしバージョンって感じですかね。スパイスが効いていてビールなんかに最高です。

そして、パルおばさんがもう1つ作ってくれました。ジャガイモの具だけじゃ飽きるだろうということで、ジャガイモの具をちょっとと、それに加えてパニール(インドのカッテージチーズ)を挟んだブレッドパコラです。パニールは分かりやすく言うとモッツァレラチーズに味や食感が似ています。なので、パニールが入ったブレッドパコラは、言うならばフライドモッツァレラサンドといったところでしょうか。

2種類のブレッドパコラと、アルティキの出来上がりです!!

これが、ジャガイモのブレッドパコラの断面!

そしてこれが、パニールのブレッドパコラの断面!

チャツネにディップして食べたら、もう最高です!

いやー、カロリー高そうですが、インド人がみんな大好きで頻繁に買い食いするスナックである理由が分かりますね。止まらなくなる美味しさです。

もちろんビールにも最強に合いますし、冷たく冷えたコーラにもよく合う!!

皆さんも是非お試しください!!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください