【実証】インドの灼熱の夏に日本のチョコ菓子は耐えられるのか選手権

インドのデリー・グルガオンの夏は、毎年45度~50度という酷暑!!

せっかく日本で買ってきた大事なチョコ菓子が溶けてしまっては台無しです。

そこで、日本のチョコ菓子でどれが一番暑さに強いのかを実験してみました。

登場するお菓子は下記の4つ。

  • きのこの山
  • コアラのマーチ
  • トッポ
  • ルマンド

選手権形式で動画にしてみましたので、どうぞ!!

くだらない内容ですが、お菓子でも食べながら見ていただけると嬉しいです。

宜しければ下記のボタンからチャンネル登録をしていただけると更に嬉しいです!

<解説>

インド・デリー/グルガオンの夏

インドのデリー・グルガオンの年間で一番暑い時期は4月~6月です。

2月まではコートも必要なくらいヒンヤリしてるのに、3月に一気に気温が上がり、4月には45度~50度に達します。

ただ、カラッと乾燥していて、日本の夏のようにジメジメしてはいないので、45度~50度と言っても体感温度はそこまでではありません。もちろん暑いは暑いですけどね笑

でも、ひとたび風が吹くと超絶暑いです。日本だと暑い夏でも風が吹けばちょっと涼しいという感覚でしょうけど、45度~50度もあると、風がない方がまだマシで、風が吹くとドライヤーを直にあてられているような感覚になります。

以前、こんな酷暑の時期に、最近できたルーフトップバーに行ったのですが、正直長い時間いる気にはなれませんでした。

関連記事:気温45度!灼熱のインド・デリーのルーフトップバー!

ちなみに、デリー・グルガオンのそれ以外の時期ですが、6月途中から8月か9月くらいまでは雨季になります。街の道路事情がまだまだ未発達なので、大雨が降るとすぐに道路が洪水のようになります。

9月中旬~10月中旬くらいは年間で一番気候がいいかも知れません。

10月中旬以降、ディワリというインドの正月の時期になってくると、急激に空気が悪くなってきて、PM2.5の数値が日本では考えられないレベルに達します。私もはじめてデリーに来た時はこの時期だったのですが、慣れるまでは咳が止まりませんでした。以前下記の記事を書いていますので、ご覧ください。

関連記事:デリーの空気汚染とPM2.5の数値は?オススメの旅行時期は?

11月~2月は空気汚染がひどいことに加えて、意外に寒いです。日本の皆さんは、デリーと言えば年中暑いんでしょ?と思うかも知れませんが、デリー・グルガオンは意外に11月~2月は寒く、コートが必要になるほどです。

その割に、古いマンションだと、クーラーはあっても暖房の機能が備え付けられていないというマンションも多いので、冬場はひたすら厚着して耐える、という方も多いです。

まあ、総じて過酷です。住めば都ではありますが。

選手権の結果は!?

一番暑さに強かったのはトッポ。端の穴から少しだけチョコが溶けていましたが、言われなければほぼ分からないレベルでした。

その次はコアラのマーチ。コアラのマーチは、チョコの量が多いですが、スナックの皮で覆っているので、チョコは漏れたりしませんでした。ただ、皮の部分が薄いので、日本から持って来る時に(もしくは下記リンクの記事のようなサービスでオーダーして運ばれてくる時に)若干くずれてしまっているものもありました。これはやむなしですね。

関連記事:インド駐在員、インドにいながらして日本の物資が手に入る便利なサービス!

その次は、ルマンド。ルマンドは小分けの袋に入っているので期待していたのですが、外側にチョコなので、袋を開けると若干溶けたチョコが袋に付いてしまっていました。でも、運搬時に粉々にくずれちゃうんじゃないかと危惧していたパイ生地部分は意外にも無事でした。

最後は、きのこの山。これは意外でした。きのこの山のチョコはけっこう硬いので、そんなに簡単に溶けないと思っていたのですが、意外にも、想像以上の溶け具合でした。溶け過ぎちゃって、全部くっついて1つのお菓子になっていました笑。でも、これ、食べたら意外に美味しくて、なんだかパティシエが作った高級スイーツでも食べてるんだろうか、と思えるようなものに変わっていました笑。

今回の実験から学んだことは、日本だと要冷蔵のものじゃないとしても、インドに持って来たら冷蔵庫に入れておかないとダメだということですね。なんでもかんでも冷蔵庫に入れておかないと心配だということが分かりました。

いやー、でも、どろっどろに溶けたきのこの山、美味しかったな~。

今度、あえて溶かして食べてみようかな笑

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください