インド・ムンバイに新しくできた話題のシーフードレストラン「Ministry of Crab(ミニストリーオブクラブ)」

インドのムンバイは海に面していて、シーフード天国。

今までいくつかのオススメのシーフードレストランを紹介してきましたが、最後にご紹介したいのは「Ministry of Crab(ミニストリーオブクラブ)」。

「Ministry」という英語は皆さん分かりますよね?財務省は「Ministry of Finance」、外務省は「Ministry of Foreign Affairs」と言うように、「Ministry」とは「省庁」という意味です。なので、この店「Ministry of Crab」は「蟹省」ってとこでしょうか笑。うーん、日本語にすると感じが出ないですね笑。

このMinistry of Crabのムンバイ店は、2019年2月にオープンしたばかりの新しいお店です。

地元で獲れた新鮮なシーフードのみを使っていて、輸入もしていないし、冷凍もしていないんだそうです。

本店は、スリランカのコロンボにあるそうです。スリランカのコロンボも、シーフードがすごく有名です。以前の記事でもシーフードレストランを紹介しています。

関連記事:スリランカのシーフードは安くて新鮮!!地ビールと地元酒アラックも堪能

Ministry of Crabムンバイ店は、ムンバイのKhar Westというエリアにあり、先日ご紹介した、ボリウッドセレブが出没する隠れ家的イタリアンレストラン「Olive Bar & Kitchen」にも近い、ムンバイではオシャレエリアとされている場所です。

関連記事:ボリウッドセレブが出没する、インド・ムンバイのNo.1隠れ家的イタリアンレストラン「Olive(オリーブ)」

外観はこんな感じで荘厳・高級感バリバリ。

ほんとに省庁のビルなんじゃないかと思ってしまうくらいの雰囲気を醸し出しています。

内装も、アンティークな感じとモダンな雰囲気がミックスされていて、すごくオシャレです。

2階はバーになっています。

メニューの冒頭にはこんなページが。

「Constitution」というのは英語で「憲法」という意味です。まさに省庁っぽいですね笑。いわゆる、このお店のポリシーみたいなものが書いてあって面白いです。冷凍の蟹は出さない、とか、小さくて身があまりない蟹は出さない、とか。新鮮なので刺身として食べることができるレベルとのこと!

こうやって蟹とエビのサイズと金額がイラストで描かれていて、分かりやすいです。

値段見ると分かりますが、今まで紹介してきたTrishna(トリシュナ)、Mahesh(マヘッシュ)、Gajalee(ガジャリ)と比べると、ちょっとお高めです。

ちなみに、かなり高級なものまで揃えてあり、ワインで一番高いワインはボトルで26万ルピー(約41万円)ってのがありました笑。誰が頼むんでしょう笑。それこそボリウッドセレブとかなら頼むのかな。

でも、リーズナブルに抑えようと思えば、リーズナブルに楽しめます。

その日・その時間に在庫がある蟹やエビにランプが点いています。なんだかレトロでいい感じですね。

やはりミニストリーだからカチッとってことなんでしょうか。ナプキンはスーツの形に折り畳まれていました。

蟹の殻を砕くハサミや、パンにつけて食べるバターまで蟹の形が!

かなりブランディングがすごいです。

そして、店員さんが持ってきてくれた、このミディアムサイズの蟹をオーダーすることにしました。

まず前菜として出て来たのは、これ!

アボカドをくり抜いた中に、蟹の身がぎっしり入っています。

アボカド蟹サラダですね。美味しいです!

これはアサリのバター醤油!

日本っぽい味付けで、でもバターのコクがすごく効いていて、すんごく美味しいです!

来ました!

まず第1弾の蟹は、バターガーリッククラブ!

バターのコクの濃厚さと、ニンニクがよく効いています!

次に来たのはペッパークラブ!

胡椒のツンとくる辛さがクセになります!

そしてこれは、エビのチリソース!

エビチリじゃないですよ笑

シンガポールの名物のチリクラブに味が似ていて、ピリ辛で美味しいです!

関連記事:シンガポールのチリクラブ名店「No Signboard Seafood」

そしてエビももう1つ。定番のバターガーリック!

お願いすると、店員さんが丁寧にサーブしてくれます。

ガーリックブレッドはサクフワ!

今までの蟹とエビのソース(バターガーリックソース、ペッパーソース、チリソース)に付けて食べたら、もう止まらなくなります。

みんな白ワインを飲んでいましたが、1人ウイスキー好きのインド人同僚が、ジェイムソン(アイリッシュウイスキー)のジンジャーエール割りを知ってるか?と薦められて飲んでみたら、なんて美味いんだ!!これは新たな発見でした!

もうお腹いっぱいなんだけど、デザートを頼もうということになり、シグニチャーデザートだと店員さんが薦める「The Story of Cacao(カカオのストーリー)」をみんなでシェアすることに。

これがまたすごく美味しい!!

カカオ豆の形をしていますが、これ全部チョコレートでできています。

濃厚なチョコレートが最高に美味しいです。

という感じで、シーフード天国のここインド・ムンバイに新しくオープンして話題の「Ministry of Crab(ミニストリーオブクラブ)」は大満足のシーフードレストランでした!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください