安定の美味さ!バンコクの定番中華「らあめん亭」

らあめん亭は、タイ・バンコクに頻繁に行かれる方や在住者にとっては定番中の定番の中華料理屋です。ラーメンだけでなく、かなり豊富な種類の中華料理が揃っていて、中華好きにはたまりません。

日本の皆さんは、わざわざタイ・バンコクまで行って中華料理食べないと思いますが、私のようにインド・デリー在住者からすると、年に何度か「買い出し」で訪れるバンコクでは、タイ料理も食べたいものの、むしろ普段インドではなかなか食べられない美味しい和食や中華を食べたくなるわけです。

関連記事:インド駐在員のタイ・バンコク買い出し事情

いつもは、焼肉→寿司→焼肉→寿司みたいなパターンになることが多いのですが、今回の訪問ではトンカツも攻めました。

関連記事:ボリューム満点!バンコク「味里」の絶品カツカレー

そして、ラーメン!

インド・デリーにはラーメン屋というものがありません!

これ、意外にきついです。

和食レストランでラーメンを出しているところもあり、ここ最近では美味しいものも出て来てはいますが、やはりまだ選択肢がかなり限られます。あと、意外にも盲点なのは、普通の美味しいラーメンがないということ。豚骨醤油とか、こってりで美味しいのはデリーでも出てきているんですが、日本の国道沿いにある中華料理屋・ラーメン屋みたいな、いわゆる普通のラーメンを出していて美味しいというところはデリーには今のところないんですよね。

バンコクの「らあめん亭」は、そんな私たちのニーズを満たしてくれるお店です。

らあめん亭は、バンコク市内に複数の店舗を展開していますが、私が今回訪れたのは、スリウォン通りのお店。スリウォン通りと言えば、有馬温泉やキングスボディハウスなど、おすすめのタイマッサージが密集しているエリアです。

関連記事:はじめてのタイ古式マッサージなら、王道・定番のスリウォン通りへ行くのが間違いナシ!

また、このらあめん亭の目の前には、以前の記事でも紹介した、タイスキの有名店「コカレストラン」や、タイ料理の有名店「マンゴツリー」などがあり、タイグルメ的にもいい店が集中している場所です。

関連記事:

店内は広々していて清潔です。

らあめん亭は深夜までやっているので、お酒を飲んだ後にラーメンで締めよう、というニーズにも応えることができて嬉しいです。日本では当たり前の光景でも、インドに住む私からすれば「シメにラーメン」はアガる非日常です。

まずは、シンハビールでも飲みながら、メニューを眺めてみましょう。

いやー、最高ですねー。

メニュー見てるだけでビールが進んじゃいます笑

全部食べたいくらい。

まずはやっぱり餃子ですね。

らあめん亭特製の食べるラー油につけて食べたら、もう最高です。

私がここで2回に一度は頼む、レバニラ。

ジャパニーズ中華の定番です。

インドでレバニラはさすがに食べられません。

チャーシュー麺。

こういう普通のラーメンが食べたかったんですよ。

シンプルで美味い!!

そして、私がここで一番好きな、もやしラーメン!

シンプルで全然飽きが来ない。でもシンプルすぎず、ちゃんと主張もあって、最高に好きなラーメンです。

いやー、実は最近、バンコクに来るたびに必ず一度はらあめん亭に行ってるんですが、今回もやはり最高でした。満足度高い。

中華は中華でも、本格的な中華料理ではなくて、日本人の舌に合わせて作られたジャパニーズ中華(日本で食べられる中華料理は「本格中華」以外はだいたいこれ)ってやっぱり美味しいですよね。

インドにも「インド中華」というものがあって、コルカタが発祥の地なんですが、同じ中華でも、「本格中華」「ジャパニーズ中華」「インド中華」と比べてみるとここまで違いがあるものか、となんだか楽しくなってきます。

関連記事:

今回の買い出しの旅も、久々に美味しいものをたくさん食べることができましたー。

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください