インド・デリーで一番美味しいシーフードレストラン

インドの首都デリーは、内陸に位置しているので、シーフードに出会うことはほとんどありません。

デリーのインド料理屋で「ノンベジ」(野菜以外の肉や魚)といえば、基本的にはチキンかマトンばかりです。

対照的に、インド西部に位置する最大都市ムンバイは、海に面しているので、シーフードが有名で、街中いたるところにシーフードレストランがあります。以前下記の記事をはじめ、いくつかの記事でも紹介しました。

関連記事:インド・ムンバイのオススメ・最高に美味しいシーフードレストランまとめ

デリーのインド人同僚で、私にムンバイのシーフードの素晴らしさを教えてくれた友人が、「デリーにも実はシーフードを食べられる店があるんだ」と言ってきました。「もちろんムンバイにはかなわないけど、デリーにもシーフードの美味しいレストランがあるんだ」と。

ということで、そのレストランに早速行ってみました。

そのレストランの名前は「Swagath」(スワガス)。

グルガオンのセクター29にあります。

セクター29と言えば、グルガオンの一番の「Happening Place」と言われる場所です。近代的ではないし、オシャレでもないけれども、とにかく盛り上がってる場所ってことです。ローカルなバーとかが軒を連ねていて、夜になるとすごい人でごった返します。

上海で言えば、「衡山路(ヘンシャンルー)」みたいな感じですね。東京で言うと昔の六本木みたいな感じでしょうか?

以前紹介した、クラウンプラザホテルの中にある、シュラスコが食べられるレストランもここセクター29にあります。

関連記事:まさか!インドでシュラスコが食べられるとは!

Swagath(スワガス)は、よく「南インド料理」と言われますが、実際は南インドだけでなく、北インドも含め、いろいろな地方の料理を出しています。

ここを紹介してくれたインド人友人曰くは、「Indian Coastal Cuisine」という言い方をしていました。つまり、インド沿岸料理。インド全土の、シーフードも含めたノンベジを出すインド料理店ということみたいです。

店内はこんな感じで、すごく落ち着いた雰囲気です。

高級レストランの部類に入るのか、店員さんのサービスもすごくしっかりしています。

店員さんにヒアリングしてみたところ、日本人のお客さんもすごく多いとのこと。

さすがに有名店だけあって、アワード受賞もすごい。

メニューを見ると、北インド料理から南インド料理までいろいろと揃っていて、さらに中華まであります。

まずは北インド料理では定番のチキンティッカをおつまみに、ビールで乾杯です。

スパイシーで美味しいです!

チキンティッカは日本の皆さんももうお馴染みかも知れませんが、タンドリーチキンの骨無しバージョンです。

以前の「パルおばさんのインド料理教室」で、チキンティッカとタンドリーチキンを両方紹介しています。

関連記事:

そしてこれは、「チキン65」!

「チキン65」というのは、南インドのチキン料理で、65種類のスパイスを使ったチキンの唐揚げのような料理です。(65の語源は諸説あるそうです)

これが、すんごい美味しい!!

これは「Surmai(スルマイ)」という魚のフライです。

サクサク、ふわふわで美味しいです!

そして、メインでオーダーしたのは、エビのバターペッパーガーリック炒めと、先程と同じ魚「スルマイ」のカレー、そしてアッパム。

エビのバターペッパーガーリックは、すごく美味しい!!ムンバイの名店で食べたのと同じくらい美味しいです!

スルマイのカレーは、「マンガロール」スタイルのカレーだそうです。マンガロールは南インドの港湾都市で、ココナッツミルクを使った魚のカレーです。このマンガロールカレーは、今ちょっとずつ話題になってきてるみたいですね。

アッパムは、南インドの主食と言われている米粉を使ったクレープのような食べ物です。ふかふかで、カレーにつけて食べると美味しいです。

デザートはグラブジャムンをオーダー!

グラブジャムンは世界一甘いスイーツと言われるインドのスイーツです。以前、リナおねえさんのインドスイーツ教室でも紹介しています。

関連記事:【リナおねえさんのインドスイーツ教室】グラブジャムンの作り方

北インドから南インドまで、いろいろなインド料理を食べることができるSwagath(スワガス)。皆さんもデリー出張・旅行の際に、是非訪れてみてください!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください