【パルおばさんのインド料理教室】ゴーヤの肉詰めマサラ風の作り方

チキン

今回の「パルおばさんのインド料理教室」は、「ゴーヤの肉詰めマサラ風」の作り方をご紹介します。

日本で「肉詰め」と言えば、「ピーマンの肉詰め」が有名ですよね。今回はゴーヤを使っていますので、よりヘルシーですし、ゴーヤの苦味とインドのスパイスの辛味が絶妙に相性がよく、ビールのおつまみなんかには最高です!

ゴーヤはインドでもよく使う食材で、パルおばさんも日常的によく作るんだそうです。

インドの家庭料理の味を、是非みなさんもおうちでお試しください!

それでは、いつものように、動画とブログでどうぞ!

動画の方はもし宜しければ、下記のボタンからチャンネル登録をお願いできると嬉しいです!

ゴーヤの肉詰めマサラ風の作り方

1. ゴーヤの下準備をする

まずはゴーヤの下準備をしていきます。

ゴーヤの表面のイボをナイフなどを使って取り除きます。

こんな感じになります。

次に、縦に切れ目を入れ、中に入っている種を全て取り除きます。

このように、ゴーヤの皮の部分だけを料理に使います。

ボールにゴーヤを入れて、塩もみをします。

塩で味付けをすることで、ゴーヤの苦味が程よくなるそうです。

今回、ゴーヤ5個に対して、塩は2サジくらい使いました。

塩でもんだら、そのまま10分~15分くらい寝かしておきます。

10分~15分寝かせたら、水でゴーヤをよく洗い、塩を洗い落とします。

洗い終えたら、水をよく絞ります。

これでゴーヤの下準備は完了です。

2. 具(タネ)を作る

次に、ゴーヤに詰める具(タネ)を作っていきます。

鶏肉のミンチ肉(挽肉)を用意します。

鶏肉に、下記のものを加えます。

  • 玉ねぎのみじん切り(半個分くらい)
  • コリアンダーを細かく刻んだもの
  • グリーンチリを細かく刻んだもの
  • 生姜のみじん切り
  • ニンニクのみじん切り

そこにさらに、下記のスパイスを加えます。

  • アムチュールパウダー:半サジ
  • コリアンダーパウダー:4分の1サジ
  • チリパウダー:半サジ
  • ジーラパウダー(クミンパウダー):半サジ
  • 塩:少々

スパイスがお手元にない方は下記よりどうぞ!

アムチュールパウダー

コリアンダーパウダー

チリパウダー

ジーラパウダー(クミンパウダー)

そして具(タネ)全体を手でよく混ぜます。

これで具(タネ)の出来上がりです。

3. 具をゴーヤに詰める

ゴーヤの中に、具を詰めていきます。

ピーマンの肉詰めと同じ要領です。

4. 糸を巻き付ける

具が飛び出てきたりバラバラになったりしないように、糸でぐるぐる巻きにします。

糸はあとでちゃんと取り除けますので大丈夫です。

5. 弱火でじっくり揚げる

フライパンに油を多めに敷きます。

弱火でじっくり時間をかけて、ゴーヤを揚げていきます。

全体的に満遍なく火が通るように、ひっくり返しながら揚げていきます。

このくらいしっかり焦げ目がついてきたら、出来上がりです。

ゆっくり油から取り出して、糸の先端を見つけて糸を取り除きます。

これで、ゴーヤの肉詰めマサラ風の出来上がりです!

ゴーヤの程よい苦味と、インドのスパイスの辛味、そしてちょうど良い具合の塩加減が美味い!!

ビールのおつまみにしたら、あっという間に食べてしまいました!

皆さんも是非おうちでインド、お試しください!

【土曜日はおうちでインド】

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

アジアの食や旅に関する情報をアップしています。最近はインドに住んでいるので、インド情報多めです。

※「はじめてのアジア」はAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得ています。