中国気分満点!上海の豫園にある老舗茶館「湖心亭」で味わう本格中国茶

はじめての上海旅行・出張なら絶対に訪れたい、上海で一番の定番観光地と言えば「豫園(ヨエン)」です。

豫園は、中国の風情ある建物が軒を連ねる、上海で最も中国気分が味わえる観光スポットです。東京で言うところの浅草みたいなものでしょうか。

そんな豫園は、中国の国内外から非常に多くの観光客が集まる地だけあって、お土産などに最適な様々なお店が軒を連ねており、歩いているだけでも楽しいです。

小籠包で有名な「南翔饅頭店」もここ豫園にあります。いつ行っても観光客でごった返しています。

関連記事:早朝から大盛況!ローカルが集う上海で大人気の小籠包屋さん「佳家湯包」

そんな豫園の中で私が最もオススメしたいのが「湖心亭」という老舗の茶館です。

豫園老街に入って、路地を進んで行くと、豫園のほぼ真ん中に池があります。

その池にかかる九曲橋を歩き、池のど真ん中にある一番風情のある建物、これが老舗茶館の「湖心亭」です。

いやー、すごく雰囲気がいいです。ザ・中国という感じの茶館。

この湖心亭は、上海で最古の茶館(茶楼)らしいです。

中に入ると、目の前で茶揉みをしています。

そのすぐ横では、お茶の量り売りをしています。

本場の中国茶、お土産なんかにもすごくいいですね~。

私はお茶大好きなんで、もう香りからしてたまりません。

茶器もお土産用としていろいろと売られています。

そして、お茶を飲みたい方は、階段で2階へ上がります。

2階に上がると、まさに中国の茶楼!

すごくいい雰囲気の空間が広がっています。

窓から外を見れば、周りには池、そしてその周りには豫園の趣ある建物が並んでいます。なんて落ち着く空間なんでしょう。

これが湖心亭のメニュー。

正直、高いです。でも、確実にそれに見合う価値はあります。

私はジャスミン茶が大好きなので、ジャスミン茶をオーダー。138元(約2070円)。

友人は、店員さんのオススメ、西湖の龍井茶(ロンジン茶)をオーダー。188元(約2820円)。

1杯でこの値段!高い!と思われると思いますが、中国の茶楼はお湯はお替りし放題ですので、同じ茶葉で何度もお湯を継ぎ足してお替りすることができますので、そう考えれば1杯500円~1000円くらいってイメージでしょうか。

それでも高いと思われるかも知れませんが、ここのお茶はほんとに香りも味も最高です。そして、この店内の雰囲気や景色を考えれば、全然高いと感じない価格設定です。

来ました!

お茶を頼むとおつまみもついてきます。

うずらの煮卵、豆腐(湯葉?)、ドライフルーツ、そして和菓子のような甘いお菓子です。

お茶が入っている器もまた中国風でいいですね~。

蓋を開けるとこんな感じです。

お茶の香りが半端なくいいです!!

茶葉が口に入らないように、少しずつすすります。

こうやって時間をかけてゆっくりお茶するのがまたいいんです。

いやー、最高の時間でした!

皆さんも上海に行かれた際には、豫園の湖心亭、是非訪れてみてください!最高の中国気分を味わうことができますよ。

この旅の記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください