シンプルなのに病みつきになる美味さ!上海のB級小吃で食べる蘭州ラーメン

中国のラーメンと言えば、まずは蘭州ラーメンです。

蘭州ラーメンとは、中国北西部にある蘭州市が発祥のラーメンですが、中国全土で超メジャーな料理となっていて、中国のどこの街に行っても必ずと言っていいほど蘭州ラーメンのお店はあります。

牛肉から取った非常にクリアでシンプルなスープ、そこに手打ちで伸ばして茹でた細い麺、そしてその上に薄くスライスされた牛肉が乗っていて、コリアンダー(中国では香菜(シャンツァイ)と呼ばれる)を乗せて食べます。

すごくシンプルなのに、すごく優しくていつまでも飲んでいられるスープで、毎日これでもいいや、と思えるほど病みつきの美味しさです。

以前、本場の蘭州に行った際に訪れた、蘭州ラーメンの名店「馬子禄(マーズールー)」の記事も紹介しましたので、宜しければご覧ください。

関連記事:馬子禄(マーズールー)の本店@蘭州

今回、「上海の懐かしの名店を訪れる旅」というテーマで上海を旅してきましたが、2日目の夜は、名店ではありませんが、B級の小吃(シャオチー:中国のローカル食堂)で蘭州ラーメンを食べることにしました。

外観はこんなお店です。

「蘭州牛肉麺」と書かれています。

中国にはじめて旅行に行く方なら絶対に入らないだろうと思われるローカル店ですが、中国ってこういうローカルの店がほんとに美味しいんですよね。安いし。

店内はこんな感じ。狭いです。

ローカルの人しかいないので、外国人である私たちが入ると、かなりジロジロ見られますが、そんなことは気にしてられません。

壁に貼ってあるメニュー。どれも200円前後といった破格の安さ!

テーブルの上にもメニューがあるので、中国語ができなくても指差しで「これ」とオーダーできます。

私たちは迷わず、一番上の「牛肉拉麺」をオーダー。12元(約180円)!安すぎます!

見た感じ、「なんだよ、やたらシンプルだな」と思うかも知れませんが、驚くほど美味しいです。

スープが薄味であっさりしてるのに、なぜか止まらなくなる美味しさ。

パクチー苦手な方はダメかも知れませんが、コリアンダーの風味もよく、牛肉スライスも美味しくて、麺もツルツル。

あっという間に食べ終わってしまい、スープも完飲してしまいました笑

なかなか日本だとここまでシンプルでここまで病みつきになるラーメンに出会ったことはないですが、中国の小吃で食べる蘭州ラーメンは大抵外れがありません。

いやー、正直毎日これでもいいや、と思うくらいの美味しさでした!

ちなみに、私が住むインドのデリーでも最近は中華料理屋も少しずつ増えてきて、蘭州ラーメンも食べられるようになってきました。もちろん本場蘭州や、中国の小吃で食べる蘭州ラーメンには敵いませんが、家の近くで食べられるようになるのは嬉しいです。

関連記事:デリー駐在員はみんな大好き!老舗中華の「金橋」

この旅の記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください