上海で日本語が通じる安心のマッサージ店「桃源郷」

中国のマッサージと言えば、按摩・指圧。

上海に旅行に行ったら是非マッサージ店(按摩店)にも行ってみたいものですが、中国語が話せないとちょっと不安ですよね。

そんな方にオススメなのが「桃源郷(とうげんきょう)」というマッサージ店です。桃源郷は受付に日本語ができるスタッフがいて、日本語メニューも置いてあるので、中国語ができなくても心配いりません。

かつ、店内は清潔で、スタッフの方は親切です。マッサージのクオリティも高いので、はじめての上海旅行の方にはおすすめのマッサージ店です。

Google Mapで桃源郷と調べると、別の場所が出てきますが、最近「ソフィテルホテル」の4階に移転したそうです。皆さん、行かれる際にはご注意を。

観光客の多い、南京東路歩行街にソフィテルホテルは面しています。南京東路歩行街をブラブラしながら、疲れたら桃源郷のマッサージでリラックスるするのがおすすめです。

私は週末の午後に予約なしで訪れましたが、ほぼ待ち時間なしで入れました。

ソフィテルホテルのフロントからエレベーターで4階に上がると、桃源郷のエントランスがあります。

店内はこんな感じ。非常に清潔です。

しかも、お客さんがそれほど多くないので、すごく静かです。

日本語の話せる受付スタッフの方に日本語メニューを出してもらいました。全身マッサージで60分328元(約4920円)。ローカルの中国のマッサージ店と比べると高いは高いですが、日本の相場(10分1000円)と比べれば割安です。しかもこの立地でこの雰囲気ですから全然OKでしょう。

メニューには90分は書いてなかったのですが、聞いてみたところ90分もできるとのこと。料金は単純に60分の1.5倍で492元(約7380円)。前会計です。クレジットカード使えます。

セラピストの方に連れられて部屋に向かいます。

こんな感じの部屋です。

セラピストの方の技術もすごくよく、ものすごく気持ちいい指圧でした。

私はアジア各国を訪れる度にたいていマッサージにも行きますが、国によってそれぞれマッサージの特色が異なっていて面白いものです。中国の指圧は足つぼマッサージのように全身のツボを押してもらえるので、ストレッチ的なタイマッサージとかともまた違って、これはこれですごく気持ちいいです。

アジアのマッサージ関連記事:

皆さんも上海出張・上海旅行の際には、街歩きに疲れたら是非この桃源郷のマッサージを味わってみてください!

この旅の記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください