バリ・ウブドのローカル食堂「Happy Warung」で食べる絶品ミークア

Happy Warungのミークア

ミークアとは、インドネシアの代表的な麺料理です。「ミー」は「麺」、「クア」は「汁」という意味なので、ミークアは「汁麺」、つまりインドネシアのラーメンってことです。

インドネシアにはいろいろな麺料理があります。ミーアヤムと言えば鶏肉が入った汁そば。ミーバッソと言えば肉団子が入った汁そば。ミーゴレンと言えば麺を炒めた焼きそば。といったように、インドネシアは麺の文化が豊かです。

そんな中で、ミークアというのは一番シンプルな、野菜以外は何も入っていないベーシックな麺料理です。そばやうどんで言えば「かけそば」や「かけうどん」みたいなものですね。

でも、シンプルなだけに、その店の特徴がよく出て、いろいろなお店のミークアを食べ比べてみるのが面白いんです。

以前にも、下記の記事でミークアを紹介しています。

関連記事:ワルンミナ:バリ島ウブドの気持ちいいガゼボで食べるミークア

今回訪れたのは、ドライバーのヤンさんが連れてきてくれた、ヤンさんの親戚がやっているというお店。いわゆる「どローカル」な食堂(ワルン)です。なかなか観光客だとこういう店は来れないですからね、貴重です。でも実は、こういう店がどんな高級店よりも美味しかったりするんですよね。

Happy Warung(ハッピーワルン)

そのお店の名前はHappy Warung(ハッピーワルン)。

ワルンというのは、インドネシアで「食堂」を意味します。幸せな食堂という意味ですね笑。

実は以前にも、ドライバーのヤンさんにハッピーワルンに連れてきてもらったことがあるんですが、ここ数年私がバリに来ていなかった期間に移転したそうです。上の地図が、今回訪れた新しい場所です。ウブド中心部とテガラランの中間くらいの場所にあります。

ここが入り口。

おや、意外に思っていたよりもオシャレだぞ。

前回、移転前のハッピーワルンに来た時は、ちょっと心配になるくらいに場末感がありましたが、移転後のこの店はオシャレな看板とかもできてるし、建物も前より格段に良くなってる。

美味しいから売れてるのかも知れませんね。

ほら、ちょっとおしゃれ感が出て来てますよ。

ほら!

って、以前の移転前のお店、写真に撮ってないし、ブログにもアップしていないので、分からないと思いますが、以前はほんとに掘っ立て小屋みたいなところでやってたんですよ笑。

なんだか、いつもお世話になってるドライバー・ヤンさんの親戚の店が成功してるっていうだけで、ちょっと嬉しくなってきます。

とりあえず、ビンタンビール行っときますかね。

風が通って気持ちよくて、ビールでも飲みながらメニューを眺めるとします。

なんだか、メニューも前より全然ちゃんとしてる!

そしてこれが、ハッピーワルンのミークア!!

これが美味しいんです!!

スープはあっさりした塩味なんですが、ニンニクがすごくよく効いていて、あっという間に食べてしまいました。

いやー、やっぱりこのお店はいつ来ても美味しい。

こういうローカルのお店が実は美味しいんですよね。

また次回バリに来た時にも絶対にリピートします!

かなりどローカルですが、皆さんももしよければ試してみてください!

この旅の記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください