シンガポールで一番美味しい絶品ラクサ

328カトンラクサ

ラクサという麺料理をご存知でしょうか?

ラクサとは、シンガポールやマレーシアを始めとした東南アジア一帯で食べられている、香辛料が効いたスープ麺です。分かりやすく言うと、ココナッツカレーのような味のスープで、かつ、海老などの出汁が効いているスープが特徴です。

以前ご紹介したミャンマー料理の「カウスエ」にも、ココナッツカレー風のスープという意味では少し似ています。ですが、カウスエがベジタリアンなのに対して、ラクサは海老とか魚介類の出汁が効いているので、もっと複雑な味です。

カウスエの関連記事:

ラクサもシンガポールの名物グルメです。シンガポールって、いろいろな文化が融合してるから、たくさん名物グルメがありますよね。今まで紹介してきただけでも、チリクラブ、バクテー、チキンライス、フライドホッケンミー、そしてラクサ。

私はラクサ、結構好きなので、今までシンガポールだけでなくいろんな国で食べてきましたが、今回はシンガポールで一番美味しいと言われている絶品のラクサをご紹介します。

「シンガポールで一番美味しい絶品フライドホッケンミー」という前回の記事とか、「シンガポールのリトルインディアで一番美味しいカレー屋さん」という過去の記事のように、「一番美味しい」「一番美味しい」と勝手に決めつけていますが笑、あくまで私の個人的な評価ですので、お許しください笑。

関連記事:

328カトンラクサ

そのお店の名前は「328カトンラクサ」です。超有名店です。

カトン地区という場所にあるのですが、ここ、市内中心部からだとちょっと行きづらいです。MRT(地下鉄)で行くなら「Dakota駅」か「Paya Lebar駅」から歩くことになるのですが、20分以上はかかります。

なので、私は今回タクシーで乗り付けちゃいましたw

こんな美味しい店なので、タクシーで行っちゃっても全然いいです。シンガポールって、物価の割にタクシーそれほど高くないんです。私が泊まっているタンジョンパガーからは13ドル(約1040円)で、15分で着きました。

お店の外観はこんな感じです。

なんと、超人気店だからか、日本語まで書かれています。

中に入るとこんな感じ。

朝10時オープンなのですが、オープンと同時に10時に着きましたが、もう既にこのくらい混んでます。超人気店なので、朝早めがおすすめです。

メディアに紹介された記事などが、壁にたくさん貼られています。

メニューはこちら。

一番左上の写真がラクサです。

スモールサイズで5.5ドル(約440円)、ラージサイズで7.5ドル(約600円)です。

超有名店なのに、安い!!

物価が驚くほど高いシンガポールですが、こういうシンガポールのB級グルメ・ローカルグルメは安くて美味しくて最高です。

シンガポールのB級・ローカルグルメ関連記事:

328カトンラクサ

来ましたー!!

うわー、すごい美味しそう!!

まず、スープが半端なく美味しいです!

ココナッツカレーの味もさることながら、魚介類の旨味が半端ないです!!

具は、海老、貝、あとはカマボコ的なものが入っています。

中には麺がどっさり。

麺は細かく切ってあるので、箸ではなく、レンゲで食べます。箸は置いてありません。

いやー、ほんとに正直ここのラクサよりも美味しいラクサにはまだ出会ったことがありません。そのくらい感動的に美味しいです。

プラナカン建築

美味しいものをお腹いっぱい食べた後は、少し散歩です。

このカトン地区は、プラナカン建築が有名なエリアでもあります。

「プラナカン」とは、15世紀後半からマレーシアやシンガポールに渡ってきた中国系移民のことだそうです。中国文化やマレー文化、そして、当時東南アジアは欧米列強の支配下にありましたから欧米文化も、いろいろな文化がミックスされて発達してきたのがプラナカン文化です。

そのプラナカン文化を反映する建築物「プラナカン建築」は、きれいなパステルカラーに塗られたかわいい建物で、インスタ映えすると世界中から多くの人が写真を撮りに来る場所です。

ほんと、すごくかわいいですよねー。

皆さんもシンガポールにいらっしゃったら、是非328カトンラクサの絶品ラクサとプラナカン街の散歩、試してみてください!!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください