シンガポール航空・ガルーダインドネシア航空を乗り継いで、デリーからジャカルタへ(前編)

先日、私の住んでいるインド・デリーから、インドネシアのジャカルタまで行ってきましたので、それについてレポートします。

行く途中でいろいろとトラブルがあったのですが、それは前回の記事(下記リンク)で詳しく紹介していますので、今回は主に機内の様子とか機内食とかについて書いておきます。

関連記事:【海外旅行・乗り継ぎ】スルーチェックインには要注意!

まずは、デリー空港のラウンジで本格カレーとインドビールを堪能

デリー空港のカレー

デリー空港にはたくさんラウンジがありますが、私がいつも利用するのは、

  • プラザプレミアムラウンジ
  • ITCラウンジ
  • エアインディアラウンジ

のどれかを大体利用しています。

プラザプレミアムとITCは、JALやANAに乗るお客さんが多く行くので、けっこう日本人比率が高いです。しかもいつも大体激混みです。座る席が見つからないことも多々あります。

なので、最近はよくエアインディアのラウンジに行きます。

デリー空港のエアインディアのラウンジは、さすがカレーの本場だけあって、カレーがすごく美味しいです。下記の記事で詳しく取り上げています。

関連記事:エア・インディアの空港ラウンジはやはりカレーが美味い!

今回も、美味しいカレー数種と、インドビール「BIRA BLONDE(ビラ・ブロンド)」を堪能します。

このあと、機内食もちゃんと食べるんですけどね笑、空港ってなぜか何か食べちゃいますよね。。

シンガポール航空の穴場のおすすめシート

路線によって機体が異なるので、必ずしもいつもこの機体になるわけではないのですが、私はデリーからシンガポールに向かう際は、必ずこの席を事前予約しています。

アッパーデッキ(2階席)の一番後ろの席です。

デリー・シンガポール路線は、ジャンボジェットで2階建ての飛行機です。それの2階席(アッパーデッキと呼ぶ)の一番後ろのこの座席が、いろいろ試した結果、一番快適だなと思ってます。

なぜかというと、2席-4席-2席という横の配列の機内なのですが、この一番後ろ(とその1つ前の2列)だけは真ん中に2席しかありません。

つまり、横にもう1席分の余白スペース的なものがあり、足とか組んで横にだらーんと出ちゃっても全然大丈夫なんですよね。

日本人からすると信じられないと思いますが、インド人は飛行機の中でかなりウロウロと自由に動き回ります。それで、足とかがちょっとでも横に出ていようものなら(出ていなくても)普通にぶつかってくるんですよね。深夜便なのに、それじゃ寝れたもんじゃありません。

よく、エコノミークラスで座席の事前予約するなら、一番前の席がいい、なぜなら足を前に伸ばしたい放題だからだ、という意見がありますが、インド発の便は実はこれはあまり当てはまらないなと個人的に思っています。上と同じ理由で、足を前に伸ばすことができたとしても、普通にウロウロしてるインド人に足を踏まれたり、ぶつかられたりして全く寝れないからですw

その点、この一番後ろの席は、足が横に出ていても全然ぶつかってこないです(私の超個人的な統計結果ですw)。

もちろん、後ろには誰もいないので、気にせずにリクライニングもできます。

深夜便でよく寝ておきたいので、マイルでアップグレードとかできるのであればそうしたいのですが、シンガポール航空のビジネスクラスってANAのマイルでアップグレードできないんですよね。同じスターアライアンスなのに。

なので、今後も私はこの座席を死守していきます!w

関連記事:

機内食のメニューは、インド料理か洋食のどちらかをチョイスします。

私はさっきラウンジでカレー食べたばかりなので、洋食にしときます。いや、さっきラウンジで食べたばかりだから、食べずに寝ろよって感じですが笑。

まずは、ビールでひとり乾杯です。

シンガポールと言えば、タイガービール。

シンガポールは乗り換えるだけなんですけど、とりあえずローカルビールで気分を上げていきます。

これが機内食。

メニューに書いてあったように、お魚のフィレですね。

美味しかったです。

まあ、もちろん驚くほど美味しいというわけではなかったですけど、白ワインと一緒に映画観ながら食べる機内食は最高です。味っていうより、気分ですね、気分。あー、旅だなーっていう。

ちょっと長くなったので、続きは後編にします。

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください