ジャカルタ出張・旅行におすすめのホテル:ムリアホテル(前編)

ジャカルタのムリアホテル

私はジャカルタに通算40回くらい出張で訪れていますが、ほぼ毎回決まって泊っているホテルがあります。

「ムリアホテル」というホテルです。正確には「ホテル ムリア スナヤン(Hotel Mulia Senayan」という名前のホテルです。

ムリアホテルと言えば、以前にご紹介したバリ島の高級リゾート地ヌサドゥアで宿泊したホテルもムリアでした。

関連記事:

マリオットとか、ハイアットとか、ヒルトンとかと違って、ムリアってあまり聞いたことない方がほとんどだと思いますが、このムリア、インドネシアでは最高級のホテルグループなんです。

最高級と言っても、物価の安いジャカルタで、しかもローカル系なので、実際べらぼうに高いわけでは全くなく、2万円くらいから泊まれます。

さすが最高級ホテルと言われるだけあって、部屋の快適さはもちろんのこと、レストランやカフェ、その他の施設などがすごく充実しています。はじめての不安なジャカルタ出張でも、ムリアに泊まれば超快適に過ごすことができます。

周囲は静かなエリアですが、中心部でも車ですぐに行けるロケーションです。

ジャカルタのムリアホテル

外観はこんな感じです。セキュリティがすごくしっかりしています。

厳重なセキュリティを抜けてホテルに入ると、こんな豪華なロビー。

いい香りがします。

チェックインをするレセプションです。

スタッフの方もみんなすごく親切です。

日本人のスタッフの方もいるので、言葉に不安のある方でも安心。

部屋はこんな感じ。

いわゆるスタンダード的な部屋でも、超広々としています。

唯一毎回困るポイントとしては、部屋のエアコンが効きすぎていてちょっと寒い点なのですが、いつも私はチェックインして部屋に入った瞬間にエアコンは切ってしまいます。

ゆったりとしたソファもあり、大きめのデスクもあるので、出張中の仕事もはかどっちゃいます。

部屋の反対側から見ると、こんな感じ。すごく広々です。

ベッドはゆったりのキングサイズで、すんごい寝心地がいいです。

バスルームは全て大理石で、すごく清潔です。

不満な点が1つもないです、正直。

朝食のビュッフェが最高

そして、ムリアのいいところ、それは朝食のビュッフェが最高なことですね。

まず、朝食ビュッフェのレストランが大きい。スペースが十分にあるので、座るところを探すのに困るってことがまずありません。

上の写真だと分からないと思いますが、この奥に広大なスペースがあります。大きな窓から陽の光がさんさんと入ってくるので、超気持ちいいです。

料理の品数もすごく豊富です。1日じゃ全部楽しみ切れないので、数泊していろいろと試してみるのが最高です。

まずは定番のオムレツ。全部入りですw

麺を作ってくれるカウンターです。好きな麺を選んで、具(肉・魚介類・野菜)を選んで、作ってもらいます。

ニンニクやネギをたっぷりトッピングして。

この麺とスープがかなりハマります。

インドネシア名物のナシゴレンとミーゴレンも、もちろんちゃんとあります。

ナシゴレン・ミーゴレンの過去記事:

そして、これもインドネシア名物、ビーフレンダン!

これもハマるほど美味しいです。

そういえば、以前バリ島のタマリンドという浜辺のバンブーハウスのレストランで食べたビーフレンダンもかなり美味しかったですね。

関連記事:風が気持ちいい、バリ島のビーチフロントのバンブーハウスレストラン「Tamarind(タマリンド)」

せいろで蒸された点心なんかもあります。

パンもすごく種類が豊富です。

その他、全部写真に撮り切れてないですが、日本食も豊富にあったりと、目移りしてしまう魅力的なビュッフェです。

地下1階には、こんなにかわいいケーキショップもあります。

ムリアにはまだまだ魅力があります。たとえば、超気持ちいいプールと、すんごい広いジム。ちょっと長くなってしまったので、これについては次回の記事でまた書きますね。

この旅の記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください