【パルおばさんのインド料理教室】パニールの作り方

パニールの作り方

パニールは、インドのカッテージチーズです。食感や味はモッツァレラチーズに似ています。様々なインド料理、特にベジタリアン料理に欠かせない、インドでは超メジャーな食材です。

実は、パニールは意外にも超簡単に手作りできちゃうんです。

使うものは牛乳とレモン、以上です。

これが作れるようになれば、今までにもご紹介してきたパニールを使った様々なインド料理にも使えるようになりますね。

パニールを使った料理の記事:

では、動画とブログでどうぞ!

動画は、下記のボタンからチャンネル登録していただけると励みになります!

パニールの作り方

1. 材料を準備する

今回使うのは、牛乳とレモン1個だけです。

牛乳は「フルクリームミルク」という脂肪分を多く含む牛乳を使います。

インドでは、「ロングライフミルク」という、冷蔵庫に入れておかなくても保存しておける牛乳を飲んでいる家庭が多いので、それとは別に「フルクリームミルク」という牛乳を用意します。

日本では、普通にご家庭で飲んでいる牛乳で大丈夫です。

レモンは丸ごと1個、絞って、レモン汁を使います。

2. 薄い布を用意する

後ほど、パニールを薄い布に包んで、水を絞り出す工程があります。このような薄い布を用意しておきます。

その布を、上の写真のように、ザルの上に被せておきます。

3. 牛乳を煮る

牛乳を鍋に入れて、火にかけます。

沸騰するまで熱し続けます。

4. レモン汁を加えて、かき混ぜる

牛乳が沸騰してきて、吹きこぼれそうな状態になったら、レモン汁を入れて、かき混ぜます。

しばらくかき混ぜていると、牛乳と水が分離してきます。

牛乳の部分が、おぼろ豆腐のような固体になってきます。

5. 布に包んで、水分を絞り出す

先ほど用意しておいた、ザル&布の上に、鍋の中のものを全部移します。

ザルの下には、水分を受け取る用のフライパンか何かを敷いておいてくださいね。

そして、布を縛り、ギューッと水分を絞り出します。

6. 冷ます

水分を全部絞り出したら、そのまま20分ほど寝かせておき、冷まします。

20分後、布から取り出すと、このようにちゃんと固まっています。

切ると、ちゃんとモッツァレラチーズみたいになってますね。

これでパニールの出来上がりです!

このまま食べても十分美味しいです。私はオリーブオイルと塩をちょっと振って食べてみましたが、すごく美味しかったです。

もちろん、このパニールを使って、いろいろなインド料理を作るのもいいですね!

是非皆さんもおうちでお試しください!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください