ジャカルタのおしゃれで美味しいインドネシア料理レストラン「REMBOELAN」

今回、久々のジャカルタ訪問で、ジャカルタに住んでいるインドネシア人の友人とランチに行ってきました。

「美味しいインドネシア料理が食べたい」とリクエストして、連れてきてもらったのが、「REMBOELAN」というお店です。

スナヤンシティというショッピングモールの中に入っています。

ジャカルタってショッピングモールがすごくたくさんあって、週末ともなると、みんなでモールに遊びに行くみたいですね。

このスナヤンシティというモールは、中でもすごく高級モールなんだそう。

外観もすごく立派です。

中も高級感がすごいです。

東京とまったく変わらないですね。

インドから出てきている私からすれば、めちゃくちゃ都会ですw

着きました、REMBOELAN!

すごくおしゃれなお店です。

席につくと、店員さんがこんなかわいいお菓子みたいなものを持ってきてくれました。タダで1つくれるみたいなんです。

聞くと、これは「Gulali」というインドネシアの伝統的なお菓子なんだそうで、綿あめみたいなものらしいです。なんか、いろいろな色や形に細工されていて、すごくかわいいですね。食べるのがもったいない。

とりあえず、私はインドネシア料理に全く知識がないので、友人にオーダーをお任せしました。

そして、まず出てきたのがこれ!

見た目から「なんじゃこりゃ」という感じですが、これは「デンデン・バラド(Balad Dendeng)」という、インドネシア料理の中でもパダン料理と呼ばれる西スマトラ州の料理で、すごく有名な食べ物なんだそう。

デンデンというのは、牛肉に香辛料をすりこんで干して乾燥させたものらしく、カリカリ・パリパリとした牛肉のジャーキーみたいな感じです。

バラドというのは、唐辛子ソースのことらしいですよ。確かに、上に唐辛子っぽいものがたくさん乗ってますね~。

なんだか初めて食べる食べ物で不思議な感覚がありましたが、ピリ辛でパリパリした牛肉、すごく美味しかったです。

これは、「テンペ・メンドアン(Tempe Mendoan)」という料理で、「テンペ」という食材をフライにしたものらしいです。

なんと、このテンペという食材は、ベジタリアンとかビーガンの人にはぴったりの、大豆を発酵させて作った、肉の代替品らしいです。

大豆と言えば、日本で言えば豆腐ですが、豆腐は豆乳から作りますよね。でもこのテンペは大豆そのものをそのまま発酵させて作るらしく、豆腐よりも栄養価が高いんだそう。これはすごいヘルシーな食べ物ですね。

もう2品出てきたこの時点で、インドネシア料理の奥の深さに感激です。やっぱり食文化ってのは面白いです。

これは、「トゥミス・ブンガ・ペパヤ(Tumis Bunga Pepaya)」という料理で、パパイヤの花や蕾や葉などを塩・唐辛子・ニンニクなどで炒めた料理なんだそう。

普通の野菜炒めに見えましたが、なんと全部パパイヤだったとは!奥が深い!

そしてこれは、「コンロ・バカール(Konro Bakar)」という、牛肉のリブグリルだそうです。

このコンロ・バカールは、インドネシア料理の中でも、マカッサル料理というスラウェシ島の料理の代表格なんだそうです。

マカッサル料理!さっきのパダン料理に引き続き、また新しいのが出てきましたね。いやー、奥が深い!

そして、この牛肉、とろけるように柔らかく、めちゃくちゃ美味しかったです!

やっぱりインドネシアは牛肉が美味しいですね。

玄米と一緒に。ヘルシーですね~。

厚揚げみたいなのもオーダーしました。Tahu Petisという名前みたいです。Tahuというのが豆腐みたいですね。

いやー、今までいろいろとインド料理を重点的に取り上げてきましたが、インドネシア料理もすごく奥が深いですね。ちょっと勉強しようと思います。

この旅の記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください