【パルおばさんのインド料理教室】バルフィの作り方

バルフィの作り方

今回のパルおばさんのインド料理教室は、「バルフィ」の作り方です。

バルフィとは、インドの代表的なスイーツで、主に牛乳と砂糖とナッツ等を使った、いわゆるミルク菓子です。

とろけるような食感で、味としてはミルクキャンディの「ミルキー」とかキャラメルとかに似ているような気がします。

えー、甘すぎるお菓子は嫌だー、と思われるかも知れませんが、どれだけ甘くするかは入れる砂糖の量によるので、お好みに調整できます。

牛乳の甘みと、カルダモンやカシューナッツの香りがいい感じで、とろけるような食感のバルフィ、是非皆さんもお試しください。

それでは、いつものように動画とブログでご紹介します。

動画の方は、下記のボタンからチャンネル登録していただけると大変励みになります!

バルフィの作り方

1. 材料を準備する

牛乳を1カップ用意します。

これは、「ドライミルク」とパルおばさんが呼んでいるミルクの粉です。

ドライミルクとは何だ?と思ったのですが、いつもコーヒーとか紅茶とかに入れる粉末ミルクでした。

これを1.5カップほど用意します。

砂糖を3分の1カップほど使います。

パルおばさんが使っている砂糖の粒子が粗すぎて、後ほどバルフィを作る時に溶けづらそうだったので、フードプロセッサーを使って砂糖を細かい粉にしました。

これは、ギーです。2サジほど使います。

ギーは、日本では「澄ましバター」とかと呼ばれることが多いですが、実際インドでは牛乳だけを煮込み続けてギーを作ります。純粋に牛乳だけから採ったエッセンスという感じで、非常にヘルシーで、アーユルヴェーダなどでも使われます。

ギーの手作りの仕方は、以前の動画&記事でご紹介しましたので、ご参照ください。

関連記事:【パルおばさんのインド料理教室】ギーの作り方

カルダモンシード3粒程度を、細かく潰します。

このくらい細かく砕きます。

カシューナッツは最後の工程で使いますが、ここで紹介しておきます。

カシューナッツは5粒程度、細かく刻んでおきます。

これで、事前の準備はOKです。

2. フライパンで熱して、かき混ぜ続ける

フライパンを中火くらいで熱し、用意しておいたギーを全体に伸ばします。

ここに用意しておいた牛乳を加え、よくかき混ぜます。

次に、カルダモンを入れ、またよくかき混ぜます。

続いて、ドライミルク(粉末ミルク)をちょっとずつ入れ、ダマにならないように、全体にちゃんと溶け込むように、丁寧にかき混ぜながら熱し続けます。

このあたりで、パルおばさんは中火から弱火に変えています。

粉末ミルクが全部ちゃんと溶け込んだら、次は砂糖を加えて、また全部溶け込むように丁寧に混ぜ続けます。

ずっと混ぜ続けるパルおばさん。

ドロッとしてくるまで、ずっと混ぜ続けるのが大事なんですって。

しばらく混ぜ続けていると、こんな感じでかなりドロッと、というかふわっとしてきます。

このくらいになってきたら、OKだそうなので、火を止めます。

3. 型に入れる、もしくはお皿にあける

お店で売っているバルフィは、ちゃんと四角い形をしていることが多いです。それは、この段階で四角い型に入れているからなんですね。

今回、パルおばさんは型を持ってないとのことだったので、ステンレスのプレートにあけました。

こんな感じで、プレートの上で、平らに伸ばしていきます。

先ほど刻んでおいたカシューナッツを全体的に載せていきます。

4. 冷やしてカットすれば出来上がり

まだ熱々だと思うので、その場で少し冷まします。

その後、冷蔵庫に入れて、冷やします。

冷蔵庫に入れている時間は10分や15分で十分だとのことです。

お店で売られているバルフィは、表面に銀箔が貼られていることが多いですが、今回のパルおばさんはおうち用なので、銀箔は貼っていません。

冷蔵庫から出したら、ある程度硬くなっています。

これを食べやすいサイズにカットして、出来上がりです。

口の中に入れたらとろける食感。牛乳とナッツの甘さが美味しい、インドのスイーツです!

皆さんも是非おうちでお試しください!

土曜日はおうちでインド

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください