インド駐在員のホームパーティーに欠かせない「やきとら」

やきとら

私の住むインドのデリー・グルガオンは、ここ数年で急速に発展し、今では和食のレストランもかなり増えてきました。数年前までは片手で数えるくらいしかなかった和食レストランが、今ではある程度の選択肢があります。

関連記事:

でも、選択肢が増えたといっても、実際みんなが候補として考えるちゃんとした和食レストランと言えば10店~15店くらいですかね。まだまだ少ないですし、どこの和食レストランに行ってもたいてい知り合いと遭遇することになります。

外食の選択肢が限られるので、インド駐在員はホームパーティーをすることが多くなります。ホームパーティーっていうほど大げさなものではなくても、家飲みですね。家飲みの頻度が高くなります。

実際、私が過去に仕事をしていた他の数か国と比べると、圧倒的にインドでは家飲み率が高いですね。

そんなホームパーティー及び家飲みで大活躍するのが「やきとら」です。

出張焼き鳥サービス「やきとら」

やきとらは、自宅までスタッフさんが来てくれて、目の前で焼き鳥を焼いてくれる、出張焼き鳥サービスです。

え、インドで焼き鳥?微妙なんじゃないのー?と思われるかも知れませんが、これが意外にもすごく本格的で美味しいんです!

やきとら

こんな感じで、2人のインド人スタッフの方が、ベランダで焼き鳥を焼いてくれます。

ちゃんと炭火を使ってますので、本格的な香ばしさです。

その横には、次に焼く焼き鳥の仕込みを行う、もう1人のインド人スタッフさん。

コースはいくつかあり、コース内容によって値段が違います。

今回私たちが頼んだのは、「大とりコース」というコースで、1人あたり1400ルピー(約2100円)。

出張に来てくれるので、さすがに1人分とかではお願いできなくて、ミニマムオーダーの金額があります。デリー・グルガオン地区で、平日の場合は最低7000ルピーから、土日・祝日の場合は9000ルピーからだそうです。5~6人以上とかで集まる場合には良さそうです。

焼きあがった焼き鳥は、部屋の中までスタッフさんが運んでくれて、1人1人にサーブしてくれます。

まず運ばれてきたのは、もも!

肉も申し分ないくらい美味しいです。

砂肝です。

つくね!

美味しいです。

ささみ。

鳥皮です。本格的。

ハツです。

レバー。

手羽先。

なんこつ。

ネギマです。

長ネギの代わりに、玉ねぎを使っています。

いくつか写真撮り忘れてしまいましたが、こんな感じで、かなり焼き鳥のフルコース感を味わえます。

ちゃんと七味とかも持ってきてくれるので、かなり便利なサービスです。

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください