【おうちで世界一周】1周目 インドネシア ミーゴレンの作り方

1周目

おうちで世界一周。2日目の今日は、インドネシアのジャカルタに移動して、インドネシア名物の「ミーゴレン」を堪能しちゃいます。

「ミー」は「麺」、「ゴレン」は「炒める」の意味です。つまり焼きそばみたいなものですね。インドネシア料理と言えば、まず「ナシゴレン」を思い出す方が多いと思いますが、あれは「ナシ」が「ごはん」、「ゴレン」が「炒める」の意味なので、炒飯みたいなものです。ナシゴレンの麺バージョンだと思っていただければ分かりやすいと思います。

ほのかにスパイシーで、ナンプラーの魚の香りがたまらない一品です。

それでは、動画とブログでどうぞ!

ミーゴレンの作り方

1. 食材の準備

まずは、麺とエビ。

麺は本当は違う麺がいいんだろうけど、家にちゃんぽん麺しかなかったので、これで代用します。いいんです、自炊ですから。

エビは冷凍のむきえびを使います。

それと、卵と、パクチーと、ケチャップ、オイスターソース、ナンプラー、砂糖、チリを使います。

野菜は、玉ねぎ、もやし、ピーマン。

それと、しめじ、ニンニク、レモンを使います。

2. 食材をカット

ニンニクをスライスします。

ピーマンは細切りにします。

玉ねぎは細切りに。

そして、しめじは細かく割いておきます。

それと、パクチーもざっくりと切っておきます。

3. エビを炒める

エビをニンニクと一緒に炒めます。

炒めたら、一旦お皿にあげておきます。

4. 一気に炒めて仕上げる

フライパンに油を敷いて、まずはニンニクを炒めます。

ニンニクがいい匂いになってきたら、チリをちょっと追加して、玉ねぎを炒めます。

次に、ピーマンを加えて、炒めて、

そして、しめじも加えて、炒めていきます。

次に、もやしも加えて、またよく炒めます。

そして、麺を加えて、ほぐしながら、よく炒めます。

エビを加えて、

ケチャップを加えて、

オイスターソースを4周くらい、

ナンプラーを2周くらい加えて、

またよく炒めます。

こんな感じで、麺は出来上がりです。

5. 目玉焼きを乗せる

目玉焼きを作ります。

ちょっと半熟に仕上げた方が美味しいです。

お皿に盛り付けして、目玉焼きも乗せて、最後にパクチーとレモンを添えて、出来上がりです!

インドネシア名物のミーゴレンです!

ちょっぴりスパイシーで、ナンプラーの香りがたまりません。

レモンとパクチーも相性抜群。

半熟の目玉焼きをとろーっと溶かして混ぜながら食べると最高です!

うーん、おうちでインドネシア気分に浸れます。

明日は、シンガポールに移動します!

この旅の記事:

ミーゴレンが出てくる過去記事:

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

アジアの食や旅に関する情報をアップしています。最近はインドに住んでいるので、インド情報多めです。

※「はじめてのアジア」はAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得ています。