【おうちで世界一周】2周目 中国 福建炒飯の作り方

世界2周目、2日目の今日は、韓国のソウルから、中国の福州に飛んで、福建炒飯を堪能しちゃいます!

福建炒飯は、日本でよく知られている中華丼のように、とろーりとした餡かけが乗っているご飯なんですよ。

野菜がたっぷり入っていてヘルシーな丼です。

福州、行ったことないですが、勝手に行ってる気分に浸るのは自由なので、福建炒飯を食べて勝手に気分に浸ろうと思いますw

それでは、動画とブログでどうぞ!

福建炒飯の作り方

1. 食材の準備

まずは食材の準備です。

今回は、下記の食材を使います。

  • 鶏肉
  • しめじ
  • にんじん
  • 白菜
  • ニラ
  • ニンニク

調味料はこちらを使います。

  • ごま油
  • 紹興酒
  • 鶏ガラ
  • オイスターソース
  • 醤油
  • ハチミツ

2. 食材をカットする

鶏肉は、皮を取り除いて、小さめにカットします。

白菜も小さめにカットします。

しめじも小さめにカットします。

にんじんも小さめにカットします。

ニラも細かくカットします。

ニンニクはみじん切りにします。

3. 食材を炒める

フライパンに油を敷いて、まずはニンニクのみじん切りを炒めます。

次に、鶏肉を加えて、一緒に炒めます。

次に、にんじんを加えて、一緒に炒めます。

しばらく炒めたら、白菜としめじも加えて、また一緒に炒めます。

塩をふって、全体によく混ぜながら炒めます。

4. 水を入れて煮込む

フライパンに水を加えて、これから煮込んでいきます。

鶏ガラを入れて、よく混ぜます。

醤油をちょっと入れて、隠し味にハチミツも少しだけ入れます。

ニラを追加して、オイスターソースを軽く一周くらい加えます。

最後に紹興酒をちょっと加えて、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

ご飯の上に、どっさり盛り付けて、仕上げにごま油をちょっと垂らし、青のりも少しだけふります。

これで福建炒飯の出来上がりです!

優しい味の野菜の餡かけが美味しく、ご飯がすすんじゃいます。

明日はベトナムのホーチミンに移動します!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください