【おうちで世界一周】2周目 フランス ラタトゥイユの作り方

ラタトゥイユは、日本でもお馴染みのヘルシーメニューですよね。

このラタトゥイユ、フランスの料理だってご存知でしたでしょうか?南フランスのニースの郷土料理なんだそうですよ。

おうちで世界一周、2周目、6日目の今日は、このラタトゥイユを作って、南フランスのニースに旅行しているかのような気分に勝手に浸ってみますw

とろとろに柔らかくなった野菜がたっぷり入っていて、すごくヘルシーです。ニンニクやオリーブオイル、香草やワインの香りもして、野菜だけなのになぜか食欲が進む一品です。

では、動画とブログでどうぞ!

ラタトゥイユの作り方

1. 食材の準備

今回は下記の食材を使います。

  • ズッキーニ
  • ナス
  • パプリカ
  • にんじん
  • トマト
  • 玉ねぎ
  • しめじ
  • ニンニク

そして、調味料としては、

  • きざみニンニク
  • コンソメ
  • 醤油
  • 砂糖
  • 白ワイン
  • バジル
  • タイム
  • オレガノ

を使います。

2. 食材をカット

いろいろなラタトゥイユがあると思いますが、今回は野菜を細かく切るよりも、大きめの野菜がゴロゴロ入っている感じにしたかったので、基本的に野菜すべて、大きめのざく切りにします。

まずは、にんじんの皮を剥いて、ざく切り。

ナスもざく切り。

ズッキーニもざく切り。

玉ねぎもざく切り。

パプリカもざく切り。

しめじは、ざっくりと裂いておきます。

ニンニクはみじん切りにします。

3. トマトを茹でて、皮を剥く

トマトを茹でて、皮を剥きます。

皮を剥いたら、ざっくり切るか、もしくは軽く潰しておきます。

4. オリーブオイルで炒める

フライパンにオリーブオイルを少し多めに敷き、まずはニンニクを炒めます。

次に、玉ねぎを入れて炒め、そしてズッキーニも加えて一緒に炒めます。

ここらへんの順序は適当ですが、最終的にすべて柔らかくしたいので、硬い野菜から順番に炒めていく感じですね。

次に、にんじんを入れて炒めて、パプリカも入れて炒めます。

最後に、しめじとナスを加えて、全体をよく炒めます。

しばらく炒めたら、トマトを加えて、全体によく混ぜ合わせるように、炒めていきます。

5. 味付けをして、煮込む

下記の調味料を加えて、味付けをします。

  • 白ワイン:2サジ
  • 砂糖:1サジ
  • 醤油:1サジ
  • コンソメ:1サジ

ワインはお好みでもっと加えた方が、香りがより良くなるかも知れません。

味見をしながら、コンソメの量とかは調整です。

そして、蓋をして、しばらく煮込みます。

たまに蓋をあけて、中をチェックします。

野菜がとろとろに柔らかくなっていたら、出来上がりです。

できました!

お皿に盛り付けて、最後にバジル・タイム・オレガノをふったら、できあがり!

野菜がとろとろで、ニンニクがよく効いています。

香草やワインの香りも効いていて、すごく美味しいです!

おかずとしてもいいですし、ワインと一緒にちびちびやるのもいいですね。

明日は、ついに世界2周目の最終日。アメリカ大陸を通り越して、ハワイのホノルルに移動します!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください