【おうちで世界一周】3周目 タイ パッタイの作り方

世界3周目、2日目の今日は、中国の成都からタイのバンコクへ飛んで、タイ名物の「パッタイ」を堪能しちゃいます。

パッタイは、タイでは超定番の焼きそばです。日本人の口にもすごく合う味付けで、とはいえ、日本の焼きそばとはちょっと異なる異国情緒溢れる一品です。

おうちでパッタイを作って食べたら、おうちにいながらしてタイ旅行気分を味わえます。

それでは、動画とブログでどうぞ!

パッタイの作り方

1. 食材の準備

下記の食材を使います。

  • 麺(家にあったちゃんぽん麺を使います)
  • 冷凍エビ
  • 小エビの煮干し
  • もやし
  • チンゲン菜
  • しめじ
  • パクチー
  • ピーナッツ
  • ライム
  • ナンプラー
  • オイスターソース
  • 胡椒
  • お酢
  • 砂糖

2. スクランブルエッグを作る

フライパンでスクランブルエッグを作ります。

あとで、焼きそばと一緒に炒めるので、半熟の状態でOKです。

半熟になったら、一旦お皿にあげておきます。

3. 具材を炒める

まず、フライパンに油を敷いて、エビを炒めます。

チンゲン菜は、食べやすい大きさにカットしておきます。

茎の部分と葉の部分とに分けておきます。

まずは茎の部分だけをフライパンに加えて、エビと一緒に炒めていきます。

次に、しめじを加えて、一緒に炒めます。

次に、もやしを加えて、一緒に炒めます。

そして、チンゲン菜の葉の部分を加えて、また一緒に炒めます。

ここに麺を加えます。

そして、下記を加えます。

  • 胡椒
  • 砂糖:1サジ
  • お酢:1サジ
  • ナンプラー:1サジ

麺をほぐしながら、炒めます。

麺がほぐれてきたら、先ほど作っておいたスクランブルエッグを加えて、一緒にオイスターソースも1サジ加えて、よく混ぜながら炒めます。

小エビの煮干しも加えて、またよく混ぜながら炒めます。

4. 盛り付け&仕上げ

ピーナッツを細かく砕きます。

パクチーは小さめにカットしておきます。

お皿に盛り付けて、細かく砕いたピーナッツを上からパラパラとかけます。

そして、パクチーを乗せて、ライムを絞って、完成です!

ピーナッツの食感や、パクチーやライムの香りなども相まって、異国情緒がすごくあります。

おうちで勝手にタイ気分!

関連記事:

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください