アルティキの作り方(パルおばさんのインド料理教室)

スナック

今日のパルおばさんのインド料理教室は、アルティキの作り方です!!

アルティキとは、主にジャガイモを使ったインドのスナックで、スパイシーなコロッケ、もしくはハッシュドポテトのような食感と味わいのスナックです!外はカリカリ・サクサクで、中はジュワーっとした感じで、ビールのお供に最高です。

インドでは、パンに挟んでハンバーガーみたいにして食べることも多いそうです。

先週作ったミントチャツネとの相性も抜群です!

ミントチャツネの作り方

是非みなさんもおうちでお試しください!!

それでは、動画とブログでどうぞ!動画の方は、下のボタンをポチっと、チャンネル登録していただけると大変嬉しいです!!

アルティキの作り方

1. 材料の準備

  • ジャガイモ:中くらいのサイズなら5個~6個、小さめサイズなら6個~7個程度。事前に蒸しておく。
  • グリーンチリ:1本~2本程度を細かくカット
  • コリアンダー:多め。細かくカット
  • チリフレーク:1サジ程度
  • 塩・ブラックペッパー
  • スパイス各種
  • 米粉
  • コーンフラワー
  • レモン

2. 蒸したジャガイモを冷やす

蒸したジャガイモを1時間程度冷蔵庫で冷やしておきます。

蒸して熱を持っている状態だと、ジャガイモにけっこう水が含まれているため、アルティキがうまく仕上がらないためです。冷やしておくことで、いい感じに乾燥してくれるので、アルティキがうまく仕上がるんだそうです。

3. ジャガイモを潰す

1時間ほど冷やしたジャガイモを、スプーンなどを使って潰していきます。

4. ジャガイモにその他の材料を加える

ジャガイモを潰したら、下記を加えます。

  • グリーンチリ:1本~2本を細かくカットしたもの
  • コリアンダー:細かくカットしたもの。多めの方が美味しい。
  • チリフレーク:1サジ程度
  • ブラックペッパー:適量
  • クミンパウダー:半サジ程度
  • チリパウダー:半サジ程度
  • 塩:少々
  • 米粉:2サジ程度
  • コーンフラワー:1サジ程度
  • レモンの搾り汁:半分

スパイスがお手元にない方は、下記よりどうぞ。

クミンパウダー

チリパウダー

5. よく混ぜ合わせて、大きなカタマリにする

手でよく混ぜ合わせながら、1つの大きなカタマリにしていきます。

米粉を入れることで、繋ぎの役割をしてくれるそうです。

なかなかまとまっていかないようであれば、米粉を追加します。

根気強く続けていくと、上の写真のように、大きな1つのカタマリになります。

6. 少しずつちぎって、平たい形に成形する

大きなカタマリから、少しずつちぎって、アルティキの平たい形に成形していきます。

小皿に油を少し入れて、手に油を少しずつつけながらやると、手にベタベタつかないのでオススメです。油が表面につくことによって、後ほど揚げた時にカリっと仕上がります。

こんな感じで、お好みの大きさで作っていきます。

7. 中火でじっくり揚げる

これからアルティキを揚げていきます。

揚げるのに十分な量の油を注ぎ、よく熱しておきます。

中火で揚げていきます。

目指す仕上がりは、外はカリカリ・サクサク、中はジュワーっという感じです。まさにハッシュドポテトのようなイメージです。

強火で揚げてしまうと、外はカリカリになるのですが、中に十分に火が入らないので、中火で時間をかけてじっくり揚げていくのがポイントだそうです。

たまにひっくり返しながら、両面とも満遍なく揚げていきます。

上の写真のように、少し焦げ目がついたら出来上がりです。

外はカリカリに仕上がっています。

包丁で切ってみると、サクッと音がするくらい、カリカリ・サクサクになっています。

中はジュワーっとした感じです。

これで、アルティキの出来上がりです!!

先週ご紹介したミントチャツネと一緒に食べると、インド感満載です!

そのまま食べてもいいですし、ケチャップやマスタードなどとも合います。

その他、パルおばさんの好きな食べ方なども動画内で語ってくれていますので、動画の方も是非ご覧ください!

是非みなさんもおうちでお試しください!!

その他のオススメスナック:

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

アジアの食や旅に関する情報をアップしています。最近はインドに住んでいるので、インド情報多めです。

※「はじめてのアジア」はAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得ています。