チャナプリの作り方(パルおばさんのインド料理教室)

パルおばさんのインド料理教室

今日は、チャナプリの作り方です!!

チャナプリは、北インドでは定番の朝食メニューです。

サクサクに揚げたプリを、ほくほくに柔らかくなったチャナマサラ(ひよこ豆のカレー) と一緒に食べる、インド人の大好きなメニューです。

ヘルシーなのに、病みつきになる美味しさです。

みなさんも是非おうちでお試しください!!

それでは、動画とブログでどうぞ!動画の方は、チャンネル登録をしていただけると励みになります!

チャナプリの作り方

1. 材料の準備

2. ひよこ豆を水に一晩浸けておく

チャナプリを作る前日に、ひよこ豆を水に浸して、一晩寝かせておきます。

一晩水に浸けておくと、こんな感じになっています。

ひよこ豆がお手元にない方は、下記からどうぞ!

ひよこ豆

3. ひよこ豆を茹でる

ひよこ豆を圧力鍋で茹でていきます。

一晩ひよこ豆を浸けておいた水は、豆のエキスが含まれていますので、捨てずに、その水も一緒に圧力鍋で茹でていきます。鍋の容量と豆の量にもよりますが、水が足りなければ必要な分だけ新たに足して茹でていきます。

塩を少々加えて、茹でます。

最初は強火で茹でて、圧力鍋の蒸気が一度吹いたら、中火~弱火にします。

その後、蒸気が3~4回吹いたら火を止めます。

茹でている間に、次の工程4も並行して進めていきます。

火を止めた後です。ひよこ豆が柔らかくなっています。

これでひよこ豆の準備はOKです。後ほどカレーグレービーに加える際に、茹で汁も一緒に使うので、このまま置いておきます。

4. カレーグレービーを作る

これから、カレーのグレービーを作っていきます。

まずは、玉ねぎのみじん切りを用意します。

パルおばさんは玉ねぎを3個使っていますが、インドの玉ねぎはサイズが小さいので、日本の大きめな玉ねぎなら1つ~2つで十分かと思います。

ニンニクと生姜のすりおろしです。それぞれ1サジ~2サジ分くらい用意します。

それと、グリーンチリを3本~4本、細かくカットしておきます。

トマト3~4個程度を適当な大きさにカットし、ミキサーでペーストにしておきます。

こんな感じのトマトペーストが出来ました。後ほど使います。

コリアンダーを細かく刻んでおきます。

フライパンに油を2サジほど敷きます。

油が熱くなってきたら、まずはグリーンチリから炒めていきます。

グリーンチリを最初に炒めることで、辛さを飛ばしてくれます。

次に、ニンニクのすりおろしを加え、一緒に炒めます。

続いて、玉ねぎを加えて、またしばらく炒めます。

玉ねぎをしばらく炒めたら、生姜のすりおろしを加えて、軽く炒めます。

ジャガイモ2個を適当な大きさにカットし、フライパンに加えて一緒に炒めます。

ジャガイモを加えることで、グレービーが濃厚になるんだそうです。

しばらく炒めたら、下記のスパイスを加えます。

  • ターメリック:半サジ
  • チリパウダー:半サジ
  • コリアンダーパウダー:1サジ
  • クミンパウダー:半サジ
  • 塩:少々

スパイスがお手元にない方は、下記よりどうぞ!

ターメリック

チリパウダー

コリアンダーパウダー

クミンパウダー

スパイスを加えたら、よく混ぜ合わせながらしばらく炒めます。

先程作っておいたトマトペーストを加えます。

トマトペーストが全体に行き渡るように混ぜながら、少しの間炒めます。

少しだけ水を加えて、蓋をして、5分程度煮込んでいきます。

煮込んでいる間に、次の工程5のプリを並行して進めていきます。

5分ほど煮込んで蓋を開けると、水分が飛んでいます。

これをさらに炒めていきます。

しばらく炒めたら、ひよこ豆を茹で汁ごと加えます。

よく混ぜ合わせて、蓋をして、10分~15分ほど煮込んでいきます。

15分ほど煮込むと、グレービーが濃厚でいい感じになっています。

最後の仕上げに、下記のスパイスを加えます。

  • ガラムマサラ:半サジ
  • アムチュールパウダー:少々

ガラムマサラはいつも最後に入れるのがオススメです。ガラムマサラを入れて、混ぜ合わせたら、もう煮込まずに火を止めます。

ガラムマサラ

アムチュールパウダー

最後にコリアンダーを加え、軽く混ぜ合わせます。

器に盛り付けます。

ひよこ豆とジャガイモがかなりほくほくに柔らかくなっています。グレービーもかなり濃厚です。

最後に、コリアンダーをまた少し散らして、香り付け&飾り付けです。

これで、カレーグレービーの完成です。

このカレーは、チャナマサラと呼ばれるカレーです。

参考記事:ひよこ豆のカレーの作り方

5. プリを作る

工程4のグレービー作りと並行してプリも作っていきます。

プリは、アタ粉というインドの全粒粉を使って作ります。

アタ粉

アタ粉に、下記を加えて混ぜ合わせます。

  • 塩:少々
  • 油:1サジ程度
  • アジュワイン:半サジ程度

油を入れることで、生地が柔らかくなります。

アジュワインは、すごく体にいいスパイスで、特に消化を良くしてくれるスパイスです。

アジュワイン

少しずつ水を加えながら、アタ粉をこねていきます。

こんな感じになるまで、こねます。

プリと同じく、チャパティもアタ粉を使って作りますが、チャパティは塩や油やアジュワインを加えず、アタ粉と水だけでこねるのが特徴です。

また、生地の硬さに関しても、チャパティの方が少しゆるめの生地にして、プリの方が硬めの生地にするのが特徴です。

参考記事:チャパティの作り方

上の写真くらいになったら、2~3分くらい寝かせておきます。

少し寝かせたら、手で生地を転がしながら、細長くしていきます。

少しずつ生地をちぎって、丸くします。

それを手のひらで押して、少し平らにします。

平らにした生地の両面に軽く油を塗ります。

油を器に少し入れて、手元に用意しておくと作業が楽になります。

麺棒を使って、生地を薄く伸ばしていきます。

ここでもチャパティとプリの違いがあります。チャパティは、油はつけずに、アタ粉をまぶしながら薄く伸ばしていくのですが、プリは、油をつけて伸ばしていきます。

油をつけて伸ばすことで、台にもくっつかなくてすむので、作業がやりやすくなります。

上の写真のように、かなり薄くなるまで伸ばします。

これで生地の完成です。

フライパンか鍋に、プリを揚げるための油を敷きます。

パルおばさんは、普通のキャノーラ油を使っています。

油が十分に熱くなったら、プリの生地を揚げていきます。

この揚げ方にもコツがあるようなのですが、うまくいくとプリがぷくーっと風船のように膨らみます。

パルおばさんのやり方を見る限り、生地を油に入れたら、シャバシャバと油をかき混ぜて、そのあと、上から生地を少し押すようにすると、生地が膨れていました。

上の写真の左側のプリのように、ぷくーっと膨れます。

右側のプリのように、ひっくり返して両面とも焦げ色がついてきたら、お皿に上げます。

こんな感じでプリが出来上がりました。

最後に、工程4で作ったチャナマサラのカレーとプリをお皿に盛り付けたら、チャナプリの完成です!!

インドでは定番の朝ごはんです。

サクッと揚がったプリを、チャナマサラにつけて食べます。

これが何とも美味しく、やみつきになるんです。

マサラチャイなんかを合わせたら、もうインドの朝です。

参考記事:マサラチャイの作り方

みなさんも是非おうちでお試しください!!

関連記事:

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

アジアの食や旅に関する情報をアップしています。最近はインドに住んでいるので、インド情報多めです。

※「はじめてのアジア」はAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得ています。