Yeti - インド・グルガオンで味わう絶品ヒマラヤ料理(トゥクパとモモ)
Posted in インド グルガオン デリー ネパール

インド・グルガオンで味わう絶品ヒマラヤ料理

インドの首都デリーの隣町にあたる開発都市グルガオン。そこで毎日を暮らす私はランチ時になるといつも悩みます。さあて、今日のランチはインドカレーを攻めようか、それとも和食で無難に済ますか、イタリアンとかおしゃれランチしちゃうか、はたまた時間がなくて社食のカレーになっちゃうか。 関連記事:インド駐在員のランチ事情 ある程度選択肢があると思われるかも知れませんが、毎日のことなので、カレーにしても和食にしても、飽きちゃうんですよねえ。 そんな中、会社の近くに、美味しいヒマラヤ料理を食べられるお店があるとい…

Continue Reading...
Posted in ネパール

カトマンズの最高級レストラン「クリシュナルパン」でネパール伝統料理を堪能

カトマンズ2日目の夜、「クリシュナルパン」というレストランを事前に予約していました。クリシュナルパンは私が宿泊した「ドゥワリカ・ホテル」の中にある最高級のネパール伝統料理レストランです。 エベレストトレッキングで身体が相当疲れているだろうと事前に予想できたので、カトマンズに戻ってきてからはちょっと贅沢に、最高級のドゥワリカに宿泊して、最高級のクリシュナルパンで思いっきりネパール気分に浸ろうと決めていたのです。 ドゥワリカ・ホテルの記事はこちら:カトマンズのヘリテージホテル「ドゥワリカ」で古き良き…

Continue Reading...
Posted in ネパール

カトマンズのヘリテージホテル「ドゥワリカ」で古き良きネパールの伝統と世界観に触れる

カトマンズ2日目の夜は、「ドゥワリカホテル」に宿泊した。エベレストトレッキングを終えて疲れているだろうと、少々奮発して、この有名なホテルを事前に予約していたのだ。 「ヘリテージホテル」と呼ばれるこのドゥワリカホテルは、ネパールの古き良き伝統と世界観に溢れている。ホテルの敷地内に入った瞬間に分かる、外の雑踏とは隔たる感覚。昼間バクタプルでちょうど見てきたようなネワールの伝統的な木彫りの窓枠や柱、そして赤茶のレンガで作られた建物。こじんまりしているようで、なぜか広々とも感じる中庭。建物の随所に使われ…

Continue Reading...
Posted in ネパール

世界遺産パシュパティナートの火葬場で考える「輪廻転生」と「死」と「信仰」

パシュパティナートは、カトマンズにあるシヴァ神を祀るネパール最大のヒンドゥー教寺院だ。インド亜大陸でも4大シヴァ寺院とされており、ネパール国内だけでなくインドを含む海外からも多くの巡礼者が訪れる聖なる地だ。 「パシュパティナート寺院」自体にはヒンドゥー教徒以外は入ることが許されていないが、パシュパティナートの街には1000ルピー(約1000円)を払うことで入ることができる。 パシュパティナートの街は、ガンジス川の支流である「バクマティ川」の川岸にある。このバクマティ川、聖なる川として人々から崇め…

Continue Reading...
Posted in ネパール

バクタプルの絶品、「王様のヨーグルト」の名を持つ「ズーズーダウ」

バクタプルは、カトマンズから東に12キロ離れたところに位置する、カトマンズ盆地で3番目に大きな街だ。マッラ統一王朝の首都として、その後、カトマンズ王国とパタン王国が独立した後のマッラ3王朝時代のバクタプル王国の首都として栄えた街である。 私はカトマンズから半日観光でこのバクタプルを訪れた。 街はお世辞にもきれいだとは言えない。2015年の地震の爪痕がまだ多く残されてもいる。だが、赤レンガの建物が立ち並ぶ路地をゆっくりと歩くと、なぜだか心が落ち着く場所だ。 しばらく歩いて行くと、徐々にいい感じのネ…

Continue Reading...
Posted in ネパール

世界遺産ダルバール広場と「生き神クマリ」

高山病に襲われてカトマンズに戻ってきて17時間爆睡の後、私は宿泊したタメル地区から歩いてディープな通りを通って、世界遺産のダルバール広場に到着した。 「ダルバール広場」。エベレストトレッキング中に夢中になって食べまくっていた「ダルバート」とこんがらがる。どっちがダルバールでどっちがダルバートだったか、未だに混乱してしまう。 「ダルバール」というのは、ネパール語で「宮廷」という意味だそうだ。この「ダルバール広場」、カトマンズの他にも、パタンとバクタプルという近郊都市にも同じ名前のダルバール広場が存…

Continue Reading...
Posted in ネパール

カトマンズ一番の繁華街タメル地区とフジホテル

エベレスト街道トレッキングで突然予期せぬ高山病に襲われ、急ぎカトマンズに戻ってきた。予定通りであれば、この日はルクラのロッジに宿泊して翌朝一番の便でカトマンズに戻るはずだったのだが、標高2800メートルのルクラと1400メートルのカトマンズを比べれば、なるべく早くカトマンズに戻ってきた方がよいということで、1日早くカトマンズに戻ってきた。 関連記事:ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【5日目】:死を見た高山病の恐ろしさ 翌日泊まるホテルはもちろん事前に予約してあったが、こ…

Continue Reading...
Posted in ネパール

ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【5日目】:死を見た高山病の恐ろしさ

まさか自分がこんなことになるなんて。 高度約4000メートル、シャンボチェ付近で4日目の夜、私は高山病に襲われた。 エベレストシェルパリゾートで、コロッケ定食を夕食にいただいた後、外に出て、今までの生涯で見たこともないくらいの星空を見て気分をよくしていた時には、この数時間後に大変なことになるなんて予想だにしていなかった。 19時前に夕食を食べ終えて、星空も堪能した私は、単独の旅のためいつものようにこれ以上やることもなく、20時前にはベッドに入った。11月末。今晩も寒い。そりゃそうだ、今までで一番…

Continue Reading...
Posted in ネパール

ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【4日目②】:秘境・クムジュン村

ホテルエベレストビューでエベレスト絶景を見ながらヒマラヤコーヒーで一服した後は、クムジュン村までトレッキングだ。 このクムジュン村は、高地にしか住まないシェルパ族が住む、秘境の村だ。 ホテルエベレストビューから、エベレストシェルパリゾートとは反対側の方向へ向かって山を下っていく。ちょっとした茂みの中を歩いていく感じだ。 横を見ればエベレスト達が堂々とそびえ立っているのがここからも見える。 だんだんと全貌を現してきた秘境の村クムジュン。ここから見ると村全体がミニチュアのおもちゃのように見える。それ…

Continue Reading...
Posted in ネパール

ネパール・ヒマラヤで、エベレスト街道トレッキングに挑戦!!【4日目①】:エベレストを臨むシャンボチェの絶景ホテル

4日目の朝。 5時に起床し、7時に朝食を取った。 寒かったこともあり、ガイドから「ネパールラーメン」なるものを薦められて食べてみた。 これが、懐かしい味で何とも美味い! 麺はおそらくインスタントだし、煮込みすぎて麺がのびてしまっているようなものではあるが、 これがなぜかやたらと美味しいのだ。 香港の茶餐廳(チャーチャンテン)で出前一丁を食べてなぜかやたらと美味しく感じるのと似た感覚だ。 東京でこれを食べたらきっとこれほどは美味しくは感じないんだろう。 朝食を食べ終えて、7:30に出発した。 ナム…

Continue Reading...