Posted in 中国 福州

【おうちで世界一周】2周目 中国 福建炒飯の作り方

世界2周目、2日目の今日は、韓国のソウルから、中国の福州に飛んで、福建炒飯を堪能しちゃいます! 福建炒飯は、日本でよく知られている中華丼のように、とろーりとした餡かけが乗っているご飯なんですよ。 野菜がたっぷり入っていてヘルシーな丼です。 福州、行ったことないですが、勝手に行ってる気分に浸るのは自由なので、福建炒飯を食べて勝手に気分に浸ろうと思いますw それでは、動画とブログでどうぞ! 福建炒飯の作り方 1. 食材の準備 まずは食材の準備です。 今回は、下記の食材を使います。 鶏肉 しめじ にん…

Continue Reading...
インド中華
Posted in インド グルガオン デリー

【パルおばさんのインド料理教室】チリチキンの作り方

今回の「パルおばさんのインド料理教室」は、チリチキンの作り方です。 チリチキンは、いま日本でも話題になりつつあるインド中華の人気メニューで、インド人も大好きです。 インド中華に関しては、以前いくつかの記事で取り上げています。 以前作ったチキンマンチュリアンよりも、もっとチリソースがたっぷりでスパイシーなのが特徴です。 野菜もたくさん使っていて、ピリ辛野菜餡に仕上げています。 ビールもご飯もどんどん進んでしまう、ガッツリな一品です。 それでは、いつものように動画とブログでどうぞ。動画の方は下記のボ…

Continue Reading...
Posted in インド グルガオン デリー

【パルおばさんのインド料理教室】チキンマンチュリアン(インド中華)の作り方

インド中華という料理をご存知でしょうか? インド中華とは、中国からインドへ伝わった中華料理が、インド人の口に合うように変化した料理です。 日本でも、一部の本格的な中華料理を出すお店とは違って、昔からある街の中華料理屋さんって、本場中国で食べるような本格中華ではなく、日本人の口に合う中華料理(いわゆる「ジャパニーズ中華」)を出していますよね。それと同じようなものです。 以前、下記の記事で、インド中華についてご紹介しました。 関連記事:いま話題の「インド中華」とは? インド中華の起源は、インド北東部…

Continue Reading...
Posted in インド グルガオン デリー 上海 中国

中国からインドへ

中国からインドへ、と言っても、アジア経済の話をしようと思っているわけではありません。 今回の「上海の懐かしの名店を巡る旅」がついに終わりを迎え、ついにインド・デリーの我が家へ帰る時がやってきました。 昔住んでいた懐かしの上海でまだまだ遊んでいたかったので複雑な気分ですが、どこかデリーに戻れるホッとした気分もあります。そう、デリーってほんと大変な環境ではあるのですが、住めば都、なぜか最近はどこか他の国や日本に行ってもデリーに帰るとホッとする自分がいます。 タクシーで浦東空港の第1ターミナルに到着し…

Continue Reading...
Posted in 上海 中国

上海で訪れられなかった「あきらめ~店」

今回の「上海の懐かしの名店を巡る旅」ですが、予定して楽しみにしていたのに結局行けなかったお店がありました。 いずれも名店で、上海に住んでいた頃にはよく通っていた店ですので、かなり残念で、思い出としてしたためておきます。 品川(ピンチュアン) 品川は、上海では非常に有名な四川料理の名店でした。ここの麻婆豆腐は、私の中では以前紹介した「滴水洞」の麻婆豆腐と並んで、上海2大麻婆豆腐と思っていたほどの店です。涙と汗が泊まらなくなるほど辛く、それでいて旨味がすごくてやめられない美味しさでした。 数年ぶりに…

Continue Reading...
Posted in 上海 中国

小籠包発祥の地・上海郊外の「南翔」で、本場中の本場の絶品小籠包を食べ歩き!!元祖のお店からローカルが集う人気店まで一挙紹介

中国の上海市の郊外にある「南翔(なんしょう)」という街をご存知でしょうか? 「南翔饅頭店」という、日本にも進出している有名な小籠包屋さんがありますが、その名前にも付いている「南翔」という街が小籠包の発祥の地だとされています。 小籠包が生まれたのは、1871年。南翔の「古猗園」という公園の入り口付近にある「上海古猗園餐庁」というお店が元祖だと言われています。 この元祖のお店だけではなく、南翔は小さい街にも関わらず、そこかしこに小籠包のお店が軒を連ねています。さすが小籠包のメッカ! 上海旅行に行かれ…

Continue Reading...
Posted in 上海 中国 蘭州

シンプルなのに病みつきになる美味さ!上海のB級小吃で食べる蘭州ラーメン

中国のラーメンと言えば、まずは蘭州ラーメンです。 蘭州ラーメンとは、中国北西部にある蘭州市が発祥のラーメンですが、中国全土で超メジャーな料理となっていて、中国のどこの街に行っても必ずと言っていいほど蘭州ラーメンのお店はあります。 牛肉から取った非常にクリアでシンプルなスープ、そこに手打ちで伸ばして茹でた細い麺、そしてその上に薄くスライスされた牛肉が乗っていて、コリアンダー(中国では香菜(シャンツァイ)と呼ばれる)を乗せて食べます。 すごくシンプルなのに、すごく優しくていつまでも飲んでいられるスー…

Continue Reading...
Posted in 上海 中国

上海の名物料理「紅焼肉(ホンシャオロウ)」なら迷わず「圓苑(エンエン)」がおすすめ

上海グルメと言えば、小籠包、上海蟹、そして何と言っても紅焼肉です。 紅焼肉(ホンシャオロウ)とは、日本で言う豚の角煮のような料理なのですが、日本の豚の角煮よりももっと甘い味付けです。一般的に紅焼肉は、柔らかい肉の部分、コラーゲンたっぷりの脂身の部分、そして弾力と歯ごたえがある皮の部分、という3つの部位でできていて、一度にいろいろな楽しみ方があります。見た目にも非常にきれいで、上海グルメの代表格として愛されている料理です。 今回の「上海の懐かしの名店を巡る旅」。紅焼肉の名店ももちろん外せません。 …

Continue Reading...
Posted in 上海 中国

上海の定番・最高ストリートフード、「小楊生煎(シャオヤンシェンジェン)」の焼き小籠包

上海の一番のストリートフードと言えば、やはり「焼き小籠包」です。 焼き小籠包とは、その名の通り、小籠包を焼いたもの。知らない方は「なんだ、焼いただけか」と思うかも知れませんが、あなどるなかれ。小籠包と焼き小籠包は全く違う食べ物で、焼き小籠包の美味しさは半端ないです。 そんな焼き小籠包のお店で、上海に住む人なら誰でも知っている超有名店が「小楊生煎(シャオヤンシェンジェン)」です。 小楊生煎はチェーン店なので、上海市内の至る所にあります。サクッと買ってサクッと食べられますので、上海出張や上海旅行の際…

Continue Reading...
Posted in 上海 中国

早朝から大盛況!ローカルが集う上海で大人気の小籠包屋さん「佳家湯包」

上海グルメの代表格と言えば、やっぱり小籠包ですよね! 上海市内には数えきれないほどの小籠包屋さんがありますが、せっかく行くなら外さない美味しい店に行きたいものです。値段が高い高級店はいくらでもありますが、そういうところではなく、安くて地元の人が集まるようなローカルのお店が一番美味しいんですよね。 人民広場から歩いてすぐの、「黄河路」という通りにはこういった地元の人に愛されるローカルB級グルメ店(小吃/シャオチー)が軒を連ねています。 私も上海に住んでいた頃には、よくこの黄河路までローカル飯を食べ…

Continue Reading...